topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Linuxインストール後にいつもする事

CentOS7を、個人用PCとしてインストールしたので、インストール後のToDoを覚書。なお、インストール時は「開発及びクリエイティブワークステーション」を選択し、ほぼ全オプションをインストールしているので、使うかどうかもわからないサーバ系MWやKDEデスクトップ環境も全部込み込みな模様。



・パッケージアップデート

⇒カーネル含む各種パッケージの一斉アップデート。

⇒今回の用途は、あくまで個人用PCなので、セキュリティを優先して全更新。

⇒なお、カーネルもバージョンアップしているので、更新後はカーネルのバージョンも変わる。/etc/centos-release(RHELの場合はredhat-release)も前後で確認しているのは、カーネルバージョンが変わりすぎるとOS自体のマイナーバージョンも変更になるため(例 7.1⇒7.2)。あくまで、体裁上の話に過ぎないが、サードパーティ製品ではこのマイナーバージョンがサポート対象可否に関係している場合もあるので慣習として。まあ、個人用PC用途だと関係ない話だが・・・。


[user001@localhost ~]$ cat /etc/centos-release

CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

[user001@localhost ~]$ cat /proc/version

Linux version 3.10.0-327.el7.x86_64 (builder@kbuilder.dev.centos.org) (gcc version 4.8.3 20140911 (Red Hat 4.8.3-9) (GCC) ) #1 SMP Thu Nov 19 22:10:57 UTC 2015


[user001@localhost ~]$ sudo yum update

(略)


[user001@localhost ~]$ cat /etc/centos-release

CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

[user001@localhost ~]$ cat /proc/version

Linux version 3.10.0-327.el7.x86_64 (builder@kbuilder.dev.centos.org) (gcc version 4.8.3 20140911 (Red Hat 4.8.3-9) (GCC) ) #1 SMP Thu Nov 19 22:10:57 UTC 2015


再起動後

[user001@localhost ~]$ cat /etc/centos-release

CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

[user001@localhost ~]$ cat /proc/version

Linux version 3.10.0-327.28.3.el7.x86_64 (builder@kbuilder.dev.centos.org) (gcc version 4.8.3 20140911 (Red Hat 4.8.3-9) (GCC) ) #1 SMP Thu Aug 18 19:05:49 UTC 2016







・VMware Toolsのインストール

⇒VMwareにVMwareToolsのCDイメージをマウントさせる。

⇒ゲストOSのLinux上で以下のコマンドを実行。

[user001@localhost ~]$ df

ファイルシス            1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置

/dev/mapper/centos-root    28997804 6763832 22233972   24% /

devtmpfs                     918736       0   918736    0% /dev

tmpfs                        934344     148   934196    1% /dev/shm

tmpfs                        934344    9080   925264    1% /run

tmpfs                        934344       0   934344    0% /sys/fs/cgroup

/dev/sda1                    484012  161576   322436   34% /boot

tmpfs                        186872      32   186840    1% /run/user/1000

/dev/sr0                      72346   72346        0  100% /run/media/user001/VMware Tools

[user001@localhost ~]$ cd /run/media/user001

[user001@localhost user001]$ ls

VMware Tools

[user001@localhost user001]$ cd VMware\ Tools/

[user001@localhost VMware Tools]$ cp VMwareTools-10.0.5-3228253.tar.gz /tmp

[user001@localhost VMware Tools]$ cd /tmp

[user001@localhost tmp]$ tar xvf VMwareTools-10.0.5-3228253.tar.gz

(略)

[user001@localhost tmp]$ cd vmware-tools-distrib

[user001@localhost vmware-tools-distrib]$ ls

FILES    bin  doc  installer  vgauth             vmware-install.real.pl

INSTALL  caf  etc  lib        vmware-install.pl

[user001@localhost vmware-tools-distrib]$ su -

[root@localhost ~]# cd /tmp/vmware-tools-distrib/

[root@localhost vmware-tools-distrib]# ./vmware-install.pl

(略)




・OSインストール先以外のディスクのセットアップ

⇒以下の例では、/dev/sdbのプライマリパーティションに直接xfsファイルシステムを作成し、/dataにマウントしている。なお、LVMは利用していない。LVMを利用した手順は、以下の記事を参照。

  http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-94.html


[root@localhost ~]# df -T

ファイルシス            タイプ   1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置

/dev/mapper/centos-root xfs         28997804 8613016 20384788   30% /

devtmpfs                devtmpfs      918964       0   918964    0% /dev

tmpfs                   tmpfs         934344     428   933916    1% /dev/shm

tmpfs                   tmpfs         934344    9072   925272    1% /run

tmpfs                   tmpfs         934344       0   934344    0% /sys/fs/cgroup

/dev/sda1               xfs           484012  161164   322848   34% /boot

tmpfs                   tmpfs         186872      24   186848    1% /run/user/1000



[root@localhost ~]# fdisk -l


Disk /dev/sda: 32.2 GB, 32212254720 bytes, 62914560 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト

Disk label type: dos

ディスク識別子: 0x0001ef6b


デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム

/dev/sda1   *        2048      976895      487424   83  Linux

/dev/sda2          976896    62914559    30968832   8e  Linux LVM


Disk /dev/sdb: 42.9 GB, 42949672960 bytes, 83886080 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト



Disk /dev/mapper/centos-root: 29.7 GB, 29708255232 bytes, 58023936 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト



Disk /dev/mapper/centos-swap: 2000 MB, 2000683008 bytes, 3907584 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト



[root@localhost ~]# fdisk /dev/sdb

Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2).


Changes will remain in memory only, until you decide to write them.

Be careful before using the write command.


Device does not contain a recognized partition table

Building a new DOS disklabel with disk identifier 0x16e82613.


コマンド (m でヘルプ): n

Partition type:

  p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)

  e   extended

Select (default p):  

Using default response p

パーティション番号 (1-4, default 1):

最初 sector (2048-83886079, 初期値 2048):

初期値 2048 を使います

Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-83886079, 初期値 83886079):

初期値 83886079 を使います

Partition 1 of type Linux and of size 40 GiB is set


コマンド (m でヘルプ): w

パーティションテーブルは変更されました!


ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。

ディスクを同期しています。

[root@localhost ~]# fdisk -l


Disk /dev/sda: 32.2 GB, 32212254720 bytes, 62914560 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト

Disk label type: dos

ディスク識別子: 0x0001ef6b


デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム

/dev/sda1   *        2048      976895      487424   83  Linux

/dev/sda2          976896    62914559    30968832   8e  Linux LVM


Disk /dev/sdb: 42.9 GB, 42949672960 bytes, 83886080 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト

Disk label type: dos

ディスク識別子: 0x16e82613


デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム

/dev/sdb1            2048    83886079    41942016   83  Linux


Disk /dev/mapper/centos-root: 29.7 GB, 29708255232 bytes, 58023936 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト



Disk /dev/mapper/centos-swap: 2000 MB, 2000683008 bytes, 3907584 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト



[root@localhost ~]# mkfs -t xfs /dev/sdb1

meta-data=/dev/sdb1              isize=256    agcount=4, agsize=2621376 blks

        =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1

        =                       crc=0        finobt=0

data     =                       bsize=4096   blocks=10485504, imaxpct=25

        =                       sunit=0      swidth=0 blks

naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=0

log      =internal log           bsize=4096   blocks=5119, version=2

        =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1

realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0


[root@localhost ~]# mount /dev/sdb1 /data

[root@localhost ~]# df -T

ファイルシス            タイプ   1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置

/dev/mapper/centos-root xfs         28997804 8613016 20384788   30% /

devtmpfs                devtmpfs      918964       0   918964    0% /dev

tmpfs                   tmpfs         934344     428   933916    1% /dev/shm

tmpfs                   tmpfs         934344    9072   925272    1% /run

tmpfs                   tmpfs         934344       0   934344    0% /sys/fs/cgroup

/dev/sda1               xfs           484012  161164   322848   34% /boot

tmpfs                   tmpfs         186872      24   186848    1% /run/user/1000

/dev/sdb1               xfs         41921540   32928 41888612    1% /data


[root@localhost ~]# vi /etc/fstab
(OS起動時に自動マウントさせるため、
/dev/sdb1の設定を追記)

[root@localhost ~]# cat /etc/fstab


#

# /etc/fstab

# Created by anaconda on Wed Aug  3 05:51:03 2016

#

# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'

# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info

#

/dev/mapper/centos-root /                       xfs     defaults        0 0

UUID=b9e49367-2fbe-4195-a46d-25e9b233cfe8 /boot                   xfs     defaults        0 0

/dev/mapper/centos-swap swap                    swap    defaults        0 0

/dev/sdb1 /data                       xfs     defaults        0 0


・画面ロックオフ

⇒GUI上で以下の操作。

   ①[アプリケーション]>[システムツール]>[設定]>[プライバシー]

   ②画面ロックをオフにする

⇒GUI上で以下の操作。

   ①[アプリケーション]>[システムツール]>[設定]>[電源]

   ②ブランクスクリーンをオフにする

・Chromeのインストール

⇒頑張ってFirefoxを使おうかと思ったが、FLASHのプラグインが見捨てられているせいで、やむを得ずChromeをインストール。

    http://www.adobe.com/software/flash/about/

⇒FirefoxからChromeのサイトでrpmパッケージダウンロードしてダブルクリック。


  1. 2016/08/21(日) 14:24:22|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30

この本を読んで、英語勉強中のため、その覚書を、詳しく書きすぎないように注意して記載。
この本、本屋でtake a brief look at してpurchaseしたが、結構イィ!
中学生英語で習うような基本的な英単語動詞を、日本語的な訳ではなく、
英単語本来が持つイメージで解説してくれている。
そのため、新しい単語を覚えることなく、表現の幅を広げることができる。
新しい英単語を何個も覚えるより、よっぽど役に立つ。
ITエンジニアがよく使うフレーズで例文解説してくれるのも嬉しいポイント。
例えば、
When the data gets bigger, it takes longer to process it.(データが大きくなると、処理に時間がかかる)
You need to put a “/” at the end of URL.(URLの最後にスラッシュを入れないといけません)
How did your presentation go yesterday? (昨日のプレゼン、どうでした?)
のような感じ。こんな親しみのある例文がたくさん用意されている。



以下、この本のpart1で解説されている最重要動詞10個の覚書。
part2,3はおまけのような感じで、part1にこの本の全てが凝縮されていると言ってもよい。
getとtakeが難しい。

●Do
・「する・やる」を意味する場合は、doで7割事足りる
・動詞まで喋る癖をつける
・do+名詞 (~をする)

●Have
・物を主語にして「ある、いる」を意味するパターンが多い。There is/are構文は使わない。
・表現しやすい主語を見つける練習をする。
・主語+have(~である、~いる)

●Get 1
・「手に入れた状態にする」「情報を手にしている状態にする」
・主語によって、「あげる」「もらう」の両方を表現できる。手にする状態ならば、あげようがもらおうが、どちらでも表現可能。「自分から手にする」場合と、「誰かからもらう」の2パターンがある。
・You get+目的語 / 主語+get you  (~を手にできる/~が与える)

●Get 2
・「こいつを何とかする」を、主語を曖昧にして言える。「どうにかしたい何か」を自ら手にしているようなイメージ。
・日本語と語順も似ているため、「言えることをまず言う」が実践しやすいく、時間稼ぎできる。
・get+名詞(A)+過去分詞(B)(AをBする、させる)

●Get 3
・「~になる」はgetで表現できる。becomeと同義だが、becomeはフォーマルな言い方のため、実際はあまり使われない。
・「~のような状態になる」という変化を表したいときに使用する。例えば「よくわからないなあ」を言いたいときはI'm confusedだが、「よくわからなくなったよ」というときは、I got confusedという。
・get+形容詞 / get+過去分詞(~になる)

●Give
・「与える」という日本語の意味のままだが、目に見えるものだけではなく、考えも与えるという意味で使える。
・get+名詞でも、同様の意味でほぼ使える。
  →give an idea(考えを伝える)
  →give a heads up(前もって警告する)
  
●Make
・「こいつを~にする」。「作る」という意味ではあまり使わない。
・make A(名詞、it) + B(動詞、形容詞、名詞)(AをBにする)
・make sure(~を確認する、きちんと~する)
・make sense(もっともだ、意味を成す)
・make use of(使う、活用する) ※動詞のuseと同じ意味
 
●Take
・単に「とる」ではなく、「自分の意志で手にする」イメージ。
・人間が主語になる場合が多い
・take + 名詞(~をする)
 →take a look at(見る)
 →It take a long time.(長い時間がかかる)
 →Let's take this offline.(また後で話しましょう。)
 →I'll take it.(僕がやるよ。)

●Put
・「置く」ではなく、「置いてある状態にする」
・「音楽をPCに入れる」「プロジェクトにリソースを投入する」「ファイルに書き込む」のような、「入れる、挿入する」というニュアンスもputで表現できる。
・put together (~をまとめる)

●Go
・「物事、考え、状況、プロセスが自分の意志を持って進む」
・How are you?以外の挨拶How's it going?もこの意味。
・go ahead(プロセス的に先に進む)
・go through(一つ一つチェックする、検討する)

●Come
・「人やモノ、考えが現れる」
・「現れる」はcome、「離れる」はgo。
・come up with ((考え)を持って登場する、打ち出す)

●Look/See
・Lookは「自ら意識をもって見る」、Seeは「自然と目に入る」というのが一般的な違いだが、わかりにくいので「見るという行為に焦点を当てた動作がlook、見たことによる状態に焦点を当てた動作がsee」というイメージで覚える。seeは状態を表すので、命令文にできない。ただ、実際にあまり違いがないケースも多い。
・look(しっかり見る)
・watch(動くものを注意してみる)
・see(見て認識する)




  1. 2016/08/01(月) 04:29:53|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2ブログでスペースとかをテキストエディタままのイメージで記載する方法

このブログではよくOSのコマンド実行結果とかを
そのまま載せていたりしたが、ブログ上だとインデントが全て消えてしまい、非常に見にくかった。

それを解決する方法として、「WYSIWYG」という本部の編集の右にある「W」ボタンなる存在を、
今更ながらに知った。いや、本当に今更すぎる。数年間やってて全然気づかなかった。

しかし、Chrom上だと改行がうまく動作しない。
IEで起動しなくてはいけない、という制限つきである。

Qiitaとかにそろそろ移動した方がいいのだろうか。悩み中。。。


追記
この方法も一長一短だな。。。
ブログ記事をエクスポートした場合、通常のテキスト形式ではなくHTMLのタグ付きで出力されてしまうので、
これを使って書いた記事のみHTMLで開かないと可読性が・・・・。


  1. 2016/07/17(日) 05:51:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマンドラインでのBitLocker制御方法

Windows10が起動しなくなった。
結局、原因は「Intel Dynamic Power Performance Management Processor Driver」の
Windows7 64bit版ドライバをインストールしたことであったが、
その調査過程でBitLockerの制御をコマンドラインで行ったため、その覚書を記す。

●背景
Windows10の起動に失敗した際、Windows10は自動診断のためにBitLocerの「回復キー」を求めてくる。

自分はCドライブも暗号化していたため、どうやらこれを入力する必要があるようだ。
しかし、PC起動時にCドライブのBitLockerパスワードは入力済であるにも関わらず、
何故「回復キー」を更に求められるのかは謎である。TPMの関係だろうか?

もちろん、「回復キー」なんてもんは控えているはずもない。
BitLocker暗号化時に、強制的にファイル作成等を求められるが、
「回復キーが流出したら、せっかく設定したパスワードが突破されてしまうやん!!」
という思考のもの、即刻そのファイルを削除していたのだ。

そんなこんなで、先に進まないため、Windows10をセーフモードで起動。
(F8じゃ起動できなかったので、最初少し手間取った。。。)

コントロールパネルからBitLocerのアイコンを探したところ、見当たらない。
どうやらセーフモードでは利用できないようだ。
一応、コマンドプロンプトから、

control.exe /name Microsoft.BitLockerDriveEncryption

を実行したが、梨のつぶてであった。
そこで、Manage-bde.exeを直接CUIで制御することで、回復キーを調べることにした。

●手順
・状態確認
        C:\Users\User>Manage-bde.exe -status

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        BitLocker ドライブ暗号化で保護可能な
        ディスク ボリューム:
        ボリューム C: []
        [OS ボリューム]

            サイズ:                 37.80 GB
            BitLocker のバージョン: 2.0
            変換状態:               完全に暗号化されています
            暗号化された割合:       100.0%
            暗号化の方法:           AES 128
            保護状態:               保護はオンです
            ロック状態:             ロック解除
            識別子フィールド:       不明
            キーの保護機能:
                パスワード
                数字パスワード

・回復キーの表示
        C:\Users\User>Manage-bde.exe -protectors -get C:
       
        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        ボリューム C: []
        すべてのキーの保護機能

            パスワード:
              ID: {XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}

            数字パスワード:
              ID: {XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}
              パスワード:
                XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX(←この数値だけの列が回復キー)

            外部キー:
              ID: {XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}
              外部キー ファイル名:
                XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

・暗号化の無効化(参考情報)
        C:\Users\User>Manage-bde.exe -off C:

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        エラー: このボリュームは、自動的に他のボリュームをロック解除できる外部キーを
        格納しています。このボリュームの暗号化を解除する前に、このようなキーを
        削除する必要があります。

        必要な操作:

        1. データの消失を防ぐために、関連するデータ ボリュームの回復パスワードまたは
           回復キーが存在することを確認します。
        2. 格納されている外部キーを削除するには、
           「manage-bde -autounlock -ClearAllKeys ボリューム」と入力します。

  
  ↑どうやら、Dドライブをログイン時に自動暗号化解除する設定にしていたため、
   それを先に無効化する必要があるらしい。
  ↓ということで、先に以下のコマンドを実行


        C:\Users\User>manage-bde -autounlock -ClearAllKeys C:

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        ボリューム C: から、すべての自動ロック解除キーが削除されました。

        C:\Users\User>Manage-bde.exe -off C:
        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        暗号化の解除は現在実行中です。


  ↑無事、暗号化解除が実行できた。
   ちなみに、進捗状況はステータスコマンドで確認できる。
  ↓暗号化された割合が0%になれば、解除完了。


        C:\Users\User>Manage-bde.exe -status

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        BitLocker ドライブ暗号化で保護可能な
        ディスク ボリューム:
        ボリューム C: []
        [OS ボリューム]

            サイズ:                 37.80 GB
            BitLocker のバージョン: 2.0
            変換状態:               暗号化の解除を実行中です
            暗号化された割合:       20.2%
            暗号化の方法:           AES 128
            保護状態:               保護はオフです
            ロック状態:             ロック解除
            識別子フィールド:       不明
            キーの保護機能:
                パスワード
                数字パスワード

・Manage-bde.exeのヘルプ表示方法(参考情報)
  ↓オプションの後に-hをつければ、そのオプションの詳細使用方法が表示される。

        C:\Users\User>Manage-bde.exe -unlock -h
        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        manage-bde -unlock ボリューム
                            {[{-RecoveryPassword| -rp} 数字パスワード] |
                            [{-RecoveryKey|-rk} 外部キー ファイルへのパス]}
                            [{-Certificate|-cert} {-cf 証明書ファイルへのパス|
                                                   -ct 証明書の拇印} {-pin}]
                            [{-Password|-pw}]
                            [{-ADAccountOrGroup|-sid} [{SID|ドメイン\ユーザー|
                                                        ドメイン\グループ}]
                            [{-ComputerName|-cn} コンピューター名]
                            [{-?|/?}] [{-Help|-h}]

        説明:
            回復パスワード、回復キー、証明書、またはパスワードによって、BitLocker で
            暗号化されたデータにアクセスできるようにします。

        パラメーター一覧:
            ボリューム  必須。ドライブ文字に続けてコロン、ボリューム GUID パス、または
                        マウントされたボリュームを指定します。例: "C:"、
                        \\?\Volume{26a21bda-a627-11d7-9931-806e6f6e6963}\、または
                        "C:\MountVolume"
            -RecoveryPassword または -rp
                        ボリュームのロックを解除する回復パスワードを指定します。暗号化
                        されたボリューム用に、あらかじめ数字パスワード保護機能を作成
                        している必要があります。
            -RecoveryKey または -rk
                        ボリュームのロックを解除する外部キー ファイルを指定します。
                        -RecoveryPassword が指定されていない場合に必要です。暗号化され
                        たボリューム用に、あらかじめ外部キー保護機能を作成している必要
                        があります。
            -Certificate または -cert
                        ユーザーの証明書ストアに対し、ボリュームの暗号化に使用された
                        拇印と同じ拇印を持つ証明書があるかどうかを照会します。証明書が
                        見つかった場合は、秘密キーが取得され、このキーを使用して
                        ボリュームのロックが解除されます。証明書ファイルまたは証明書の
                        拇印を指定します。証明書 (スマート カードなど) へのアクセスに
                        PIN が必要な場合は、"-pin" パラメーターを指定すると、PIN の入力
                        を求められます。
            -Password または -pw
                        ボリュームのロックを解除するパスワードを指定します。
            -ADAccountOrGroup または -sid
                        SID ベースの ID 保護機能を使用してボリュームのロックを
                        解除します。アカウント名または SID を指定した場合は、SID が
                        一致する保護機能を使用してロックを解除します。それ以外の場合
                        は、すべての SID ベースの ID 保護機能でロックを解除します。
            -ComputerName または -cn
                        別のコンピューター上で実行します。例: "ComputerX"、"127.0.0.1"
                        -Certificate と組み合わせて使用することはできません。
            -? または /?
                        簡単なヘルプを表示します。例: "-ParameterSet -?"
            -Help または -h
                        完全なヘルプを表示します。例: "-ParameterSet -h"

        例:
            manage-bde -unlock -?
            manage-bde -unlock e: -RecoveryPassword ...
            manage-bde -unlock e: -RecoveryKey "f:\File Folder\Filename"
            manage-bde -unlock e: -Certificate -cf "C:\File Folder\Filename.cer"
            manage-bde -unlock e: -pw
            manage-bde -unlock e: -sid S-1-5-21-...-513



以上。

結局、回復キー入力後も、Windows10を復旧できず、
セーフモード時にIntel Dynamic Power Performance Management Processor Driverを
「プログラムと機能」からアンインストールしたら直りましたとさ。
システムの復元を無効にしていた自分を初めて責めた。

  1. 2016/07/17(日) 05:25:55|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOV31のSIMロック解除

SOV31をSIMロック解除してもdocomo SIMで利用するまでの手順覚書。



●事前準備
①Flashtoolのダウンロード(検証時は0.9.18.6)
http://www.flashtool.net/downloads.php
②SIMロック解除コードの取得(2000~3000円くらい)
http://cellunlocker.net/unlock-sony-xperia.php

●作業の流れ(概要)
①SOV31とSO-03GのFTFファイル作成
②SOV31へSO-03GのFTFファイルをフラッシュ
③SOV31を起動し、SIMロック解除コード入力画面でロック解除する(※1)
④SOV31へSOV31のFTFファイルをフラッシュ
以上。
※1 SIMロック解除コード入力画面は、auのAndoroidの標準機能では提供されていない。root取得により同画面をSOV31上で表示させることも可能と思われるが、手順が複雑なため、最近はdocomo版SIMを一時的に焼く方式が主流(?)となっている。

●作業の流れ(詳細)
①FlashTools付属のXperiFirmを利用し、(Sony公式サイトから)SOV31とSO-03Gのアップデートイメージをダウンロードし、FTFファイルを作成する。FTFファイルは以下に出力される。
    C:\Users\ユーザ名\.flashTool\firmwares\SO-03G_XXXXX.ftf

②FlashToolsを利用し、docomo版FTFファイル(SO-03G)をSOV31本体へフラッシュさせる。フラッシュさせる際、Excludeの項目でBOOTBUNDLEとBASEBANDにチェックを入れ、上書き対象外から除外する。これをしないと、③の手順の際、SIMが認識されず、解除コード画面が出てこなくなる。また、USB接続を行う際は、SOV31の音量キー(下)を押下しながら接続する。

③フラッシュ完了後、SOV31にdocomo SIMもしくはsoftbank SIMを入れ起動する。起動後、自動でロック解除画面が表示される。事前に取得したSIMロックの解除コード(NSCK)を入力し、SIMロックを解除する。

④SIMロック完了後、FlashToolsを利用し、SOV31のFTFファイルでイメージを上書きする。全て上書きをしても、ロック解除状態は維持されている。

(参考サイト)
【HOW-TO】ソフトウェアアップデートをSUSとの違いを確認しながらPC Companionを使ってみた
http://xperia-freaks.org/2014/06/30/pc-companion/
au XPERIA Z4 SOV31をSIMロック解除してdocomo SIM(MVNO)を使う #NSCK #ヨーロッパOK
http://keitai.asianmobile.org/au-sov31-unlock/
  1. 2016/05/18(水) 01:47:40|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。