topimg.jpg


CentOS7.2にWordPress4.6をインストール

CentOS7.2にWordPress4.6をインストールしたので、その覚書。
 
 
●環境
・CentOS 7.2 (全部込み込みインストール) on VMwareWorkstation
 
●必要物
・パッケージ
・Apache HTTP Server
・httpd 2.4
・PHP
・php 5.4
・MariaDB
・mariadb 5.5
・mariadb-server 5.5
・mariadb-libs 5.5
・PHP関連モジュール
・phpMyAdmin 4.4 →MySQLへの操作を行うためのWeb画面インターフェース(オプション)
・php-mysql 5.4 →PHPとMySQLとの連携モジュール
・php-mbstring 5.4 →日本語等のマルチバイト文字対応のためのモジュール
・mod_php →PHPとApacheとの連携モジュール(php 5.4に含まれている模様)
・ワードプレス本体
・WordPress 4.6 日本語版
 
※PHP 5.6以上、MySQL 5.6以上または MariaDB バージョン 10.0 以上が推奨環境である。
 PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作するが、サポートは終了している。
 以下の手順では、CentOSのyum標準リポジトリではPHP 5.4、mariaDB 5.5が最新版のため、サポート外ではあるが、
 これを利用した手順にしている。PHP 5.6、MySQL 5.6のインストール方法については、「参考」サイト参照。
 
 
●手順概要
1. 必要物のインストール
1.1 パッケージインストール
1.2 ワードプレス本体インストール
2. Apacheのセットアップ
2.1 httpd設定ファイル修正
2.2 httpdサービス再起動
3. Linuxセキュリティ関係の設定変更
3.1 Firewallの穴あけ
3.2 SE Linuxの無効化
4. DBのセットアップ
4.1 MariaDB設定ファイル修正
4.2 MariaDBサービス起動
4.3 MySQL Secure Installation実行
4.4 MariaDB内でのデータベース作成、ユーザ作成
5. Wordpressのセットアップ
5.1 PHPとDBの接続設定
5.2 Wordpressのインストール
6.(おまけ)各サービスのOS起動時自動起動設定
6.1 httpd自動起動
6.2 mariadb自動起動
7.(おまけ)phpMyAdminのアクセス確認
7.1 アクセス確認
 
●手順詳細
1. 必要物のインストール
1.1 パッケージインストール
・リポジトリの追加
オプションのphpMyAdminをインストールするため、epelリポジトリを追加。
[root@localhost]# yum -y install epel-release
通常時は見ないように、無効化しておく。
[root@localhost ~]# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
(修正前)
[epel]
enabled=1
(修正後)
[epel]
enabled=0
 
・Apache,PHP,MariaDB,PHP関連モジュールのインストール
mariadb5.5、mariadb-server5.5をインストールすると、依存性の関係でmariadb-libsもインストールされる。
phpMyAdminのインストールのインストール時に、依存性の関係でphp-mysql、php-mbstringもインストールされる。
[root@localhost]# yum install httpd
パッケージ httpd-2.4.6-40.el7.centos.4.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
[root@localhost]# yum install php
パッケージ php-5.4.16-36.3.el7_2.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
[root@localhost yum.repos.d]# yum install mariadb mariadb-server
パッケージ mariadb-5.5.50-1.el7_2.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ mariadb-server-5.5.50-1.el7_2.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
[root@localhost yum.repos.d]# yum install mariadb-lib
パッケージ mariadb-libs-5.5.50-1.el7_2.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
[root@localhost]# yum install phpMyAdmin  --enablerepo=epel
Running transaction
 インストール中          : php-mbstring-5.4.16-36.3.el7_2.x86_64localhost        1/9
 インストール中          : php-php-gettext-1.0.11-12.el7.noarchlocalhost         2/9
 インストール中          : php-bcmath-5.4.16-36.3.el7_2.x86_64localhost          3/9
 インストール中          : libtidy-0.99.0-31.20091203.el7.x86_64localhost        4/9
 インストール中          : php-tidy-5.4.16-4.el7.x86_64localhost                 5/9
 インストール中          : php-tcpdf-6.2.11-1.el7.noarchlocalhost                6/9
 インストール中          : php-tcpdf-dejavu-sans-fonts-6.2.11-1.el7.noarch       7/9
 インストール中          : php-mysql-5.4.16-36.3.el7_2.x86_64localhost           8/9
 インストール中          : phpMyAdmin-4.4.15.7-1.el7.noarchlocalhost             9/9
(略)
[root@localhost]# yum install php-mysql
パッケージ php-mysql-5.4.16-36.3.el7_2.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
[root@localhost]# yum install php-mbstring
パッケージ php-mbstring-5.4.16-36.3.el7_2.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
[root@localhost]# yum install mod_php
パッケージ php-5.4.16-36.3.el7_2.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
 
1.2 ワードプレス本体インストール
・ダウンロード&解凍
[root@localhost]# wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
[root@localhost]# tar xvzf latest-ja.tar.gz
・解凍後資材を、自分で決めたWeb資材公開用ディレクトリへ移動
[root@localhost]# mkdir /data/web
[root@localhost]# mv wordpress /data/web
・apache用に所有者・所有グループ変更
[root@localhost]# chown -R apache.apache /data/web
  ・MySQL用のファイル格納場所作成、所有者・所有グループ変更
[root@localhost]# mkdir /data/mysql
[root@localhost]# chown -R mysql.mysql /data/mysql
 
 
2. Apacheのセットアップ
2.1 httpd設定ファイル修正
・/etc/httpd/conf/httpd.confを以下のように修正
[root@localhost]#vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
(修正前)
Listen 80
DocumentRoot "/var/www/html"
<Directory "/var/www">
   AllowOverride None
   # Allow open access:
   Require all granted
</Directory>
(修正後)
Listen 80 ←お好みのポート番号
DocumentRoot "/data/web"
<Directory "/data/web">
   AllowOverride All ←Wordpressのパーマリンク設定において、.htaccessによるapache設定へのアクセス許可が必要。
   # Allow open access:
   Require all granted
</Directory>
 
2.2 httpdサービス再起動
・サービス起動
[root@localhost]# systemctl start httpd
・サービス状態確認
[root@localhost]# systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
  Loaded: loaded (/etc/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
  Active: active (running) since 日 2016-09-04 13:30:51 JST; 4h 36min ago
    Docs: man:httpd(8)
          man:apachectl(8)
Main PID: 51398 (httpd)
  Status: "Total requests: 207; Current requests/sec: 0; Current traffic:   0 B/sec"
  CGroup: /system.slice/httpd.service
          tq51398 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
          tq51400 /usr/libexec/nss_pcache 1966088 off /etc/httpd/alias
          tq51401 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
          tq51403 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
          tq51404 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
          tq51405 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
          tq51406 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
          tq51592 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
 
 
3. Linuxセキュリティ関係の設定変更
3.1 Firewallの穴あけ
・RHEL7からは、iptablesではなく、firewalldというサービスが稼働している。
   デフォルトではOSインストール後から稼働している。
[root@localhost]# systemctl status firewalld
● firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled; vendor preset: enabled)
  Active: active (running) since 日 2016-09-04 06:42:03 JST; 7h ago
  Main PID: 1219 (firewalld)
  CGroup: /system.slice/firewalld.service
  mq1219 /usr/bin/python -Es /usr/sbin/firewalld --nofork --nopid
   
・CUIからの設定は大変なので、GUIで設定する。
 以下のコマンドを実行し、GUIの設定画面を起動。
[root@localhost]# firewall-config
 
・GUI上で、以下のような操作を行う。
一時的なアクセス許可
設定>実行時>public>http のチェックボックスにチェックを入れる
永続的なアクセス許可  
設定>永続>public>http のチェックボックスにチェックを入れる
   
3.2 SE Linuxの無効化
・外部からのアクセスが失敗
 http://IPアドレス/wordpress にWebブラウザからアクセスしても、アクセス禁止のメッセージが表示され、
 コンテンツが表示されない。シスログを確認すると、SELinux関連のエラーメッセージでていた。 
[root@localhost]# tail /var/log/messages
Sep  4 13:37:36 localhost python: SELinux is preventing /usr/sbin/httpd from getattr access on the file /data/web/wordpress/index.php
 
 ということで、SELinuxを無効化する。
 本当は適切にポリシー設定すべきだが、面倒なので、とりあえず無効化して先に進める。
 
・状態確認
[root@localhost]# sestatus
SELinux status:                 enabled
SELinuxfs mount:                /sys/fs/selinux
SELinux root directory:         /etc/selinux
Loaded policy name:             targeted
Current mode:                   enforcing
Mode from config file:          enforcing
Policy MLS status:              enabled
Policy deny_unknown status:     allowed
  Max kernel policy version:      28
 
・一時的な無効化
[root@localhost]# setenforce 0
 
・永続的な無効化
[root@localhost]# vi /etc/selinux/config
(修正前)
SELINUX=enforcing
(修正後)
SELINUX=disabled
 
・状態確認
[root@localhost]# sestatus
SELinux status:                 enabled ←OS再起動後にdisableになる
SELinuxfs mount:                /sys/fs/selinux
SELinux root directory:         /etc/selinux
Loaded policy name:             targeted
Current mode:                   permissive ←一時的な無効化により、解除されている
Mode from config file:          disabled
Policy MLS status:              enabled
Policy deny_unknown status:     allowed
Max kernel policy version:      28
 
4. DBのセットアップ
4.1 MariaDB設定ファイル修正
/etc/my.cnf.d/server.cnfを以下のように修正する。
なお、/usr/share/mysql配下に設定ファイルのテンプレートがあるため、それをコピーする手順としている。
[root@localhost]# cp -p /usr/share/mysql/my-small.cnf /etc/my.cnf.d/server.cnf
[root@localhost]# vi /etc/my.cnf.d/server.cnf
(修正前)
[client]
[mysqld]
[mysqldump]
[mysql]
[myisamchk]
[mysqlhotcopy]
(修正後)
[client]
port            = 3306
socket          = /var/lib/mysql/mysql.sock
default-character-set = utf8    #手動で追加
[mysqld]
port            = 3306
socket          = /var/lib/mysql/mysql.sock
skip-external-locking
key_buffer_size = 16K
max_allowed_packet = 1M
table_open_cache = 4
sort_buffer_size = 64K
read_buffer_size = 256K
read_rnd_buffer_size = 256K
net_buffer_length = 2K
thread_stack = 240K
server-id       = 1
character-set-server = utf8   #手動で追加
datadir=/data/mysql        #手動で追加
[mysqldump]
quick
max_allowed_packet = 16M
[mysql]
no-auto-rehash
[myisamchk]
key_buffer_size = 8M
sort_buffer_size = 8M
[mysqlhotcopy]
interactive-timeout
 
4.2 MariaDBサービス起動
・サービス起動
[root@localhost]# systemctl start mariadb
・サービス状態確認
[root@localhost]# systemctl status mariadb
● mariadb.service - MariaDB database server
  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; disabled; vendor preset: disabled)
  Active: active (running) since 日 2016-09-04 14:38:26 JST; 1s ago
 Process: 57244 ExecStartPost=/usr/libexec/mariadb-wait-ready $MAINPID (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Process: 57089 ExecStartPre=/usr/libexec/mariadb-prepare-db-dir %n (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 57243 (mysqld_safe)
  CGroup: /system.slice/mariadb.service
          tq57243 /bin/sh /usr/bin/mysqld_safe --basedir=/usr
          mq57399 /usr/libexec/mysqld --basedir=/usr --datadir=/var/lib/mysql --plugin-dir=/usr/lib64/mysql/plugin --log-error=/var/log/mariadb/mari...
念のため、指定したパスに、データベースファイルが作成されているかも確認。
[root@localhost]# ls -l /data/mysql/
合計 36892
-rw-rw----. 1 mysql mysql    16384  9月  4 15:32 aria_log.00000001
-rw-rw----. 1 mysql mysql       52  9月  4 15:32 aria_log_control
-rw-rw----. 1 mysql mysql  5242880  9月  4 15:32 ib_logfile0
-rw-rw----. 1 mysql mysql  5242880  9月  4 15:32 ib_logfile1
-rw-rw----. 1 mysql mysql 18874368  9月  4 15:32 ibdata1
drwx------. 2 mysql mysql     4096  9月  4 15:32 mysql
drwx------. 2 mysql mysql     4096  9月  4 15:32 performance_schema
drwx------. 2 mysql mysql        6  9月  4 15:32 test
 
4.3 MySQL Secure Installation実行
・mysql_secure_installationスクリプト実行
[root@localhost]#  mysql_secure_installation
Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on...
 
Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.
 
Set root password? [Y/n] y
... Success!
 
Remove anonymous users? [Y/n] y
... Success!
 
Disallow root login remotely? [Y/n] y
... Success!
 
Remove test database and access to it? [Y/n] y
- Dropping test database...
... Success!
- Removing privileges on test database...
... Success!
 
Reload privilege tables now? [Y/n] y
... Success!
 
Cleaning up...
 
All done!  If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.
 
Thanks for using MariaDB!
 
4.4 MariaDB内でのデータベース作成、ユーザ作成
・MariaDBへrootユーザでログイン
[root@localhost]# mysql -u root -p
・wordpressデータベースの作成
MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
+--------------------+
MariaDB [(none)]> create database wordpress;
MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| wordpress          |
+--------------------+
・wpユーザの作成
MariaDB [wordpress]> use mysql
Database changed
MariaDB [mysql]> SELECT user, host FROM user;
+------+-----------+
| user | host      |
+------+-----------+
| root | 127.0.0.1 |
| root | ::1       |
| root | localhost |
+------+-----------+
MariaDB [mysql]> create user wp@localhost IDENTIFIED BY "password";  ←パスワードは適切な値に設定
MariaDB [mysql]> SELECT user, host FROM user;
+------+-----------+
| user | host      |
+------+-----------+
| root | 127.0.0.1 |
| root | ::1       |
| root | localhost |
| wp   | localhost |
+------+-----------+
・wpユーザへの権限付与
MariaDB [(none)]> show grants for wp@localhost;
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| Grants for wp@localhost                                                                                   |
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| GRANT USAGE ON *.* TO 'wp'@'localhost' IDENTIFIED BY PASSWORD '*2478C0C06DEE42FD161\809890AIUSH27ELfaA1A2' |
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------+
MariaDB [(none)]> grant all privileges on wordpress.* to wp@localhost;
MariaDB [(none)]> show grants for wp@localhost;
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| Grants for wp@localhost                                                                                   |
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| GRANT USAGE ON *.* TO 'wp'@'localhost' IDENTIFIED BY PASSWORD '*2470C0C06DEE42FD1618BB99005ADCA2EC9D1E19' |
| GRANT ALL PRIVILEGES ON `wordpress`.* TO 'wp'@'localhost'                                                 |
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------+
MariaDB [(none)]> flush privileges;
MariaDB [(none)]> quit
Bye
 
 
5. Wordpressのセットアップ
5.1 PHPとDBの接続設定
・ブラウザから、以下のURLへアクセス
http://IPアドレス/wordpress
WordPress へようこそ画面(http://IPアドレス/wordpress/wp-admin/setup-config.php)にリダイレクトされる
・「さあ、始めましょう」ボタンを押下
・データベース接続のために必要な以下の情報を入力
データベース名 wordpress
ユーザ名 wp
パスワード password
データベースのホスト名 localhost
テーブル接頭辞 wp_
・「インストール実行」ボタンの押下
/data/web/wordpress/wp-config.phpファイルにDB接続情報が記載される
 
5.2 Wordpressのインストール
・「Wordpressの有名な5分間インストールプロセス」画面に、必要情報を入力
サイトのタイトル テスト環境Wordpress
ユーザー名 wpuser
パスワード *********
メールアドレス root@localhost.localdomain
・「Wordpressをインストール」ボタンを押下
 
以上で、Wordpressのセットアップ完了。
 
 
6.(おまけ)各サービスのOS起動時自動起動設定
6.1 httpd自動起動
  [root@localhost]#  systemctl list-unit-files |grep httpd
httpd.service                               disabled
[root@localhost]# systemctl enable httpd
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /etc/systemd/system/httpd.service.
[root@localhost]#  systemctl list-unit-files |grep httpd
httpd.service                               enabled
 
6.2 mariadb自動起動
[root@localhost]#  systemctl list-unit-files |grep mariadb
mariadb.service                             disabled
[root@localhost]# systemctl enable mariadb
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service to /usr/lib/systemd/system/mariadb.service.
[root@localhost]#  systemctl list-unit-files |grep mariadb
mariadb.service                             enabled
 
7.(おまけ)phpMyAdminのアクセス確認
7.1 アクセス確認
・サーバ内のWebブラウザから、以下のURLにアクセスし、phpMyAdmin画面が表示されるかを確認する。
http://localhost/phpMyAdmin
※デフォルトでは、ローカルホストからのアクセスからしか許可されていない。
●参考
MySQL 5.7 を CentOS 7 に yum インストールする手順
http://weblabo.oscasierra.net/installing-mysql57-centos7-yum/
CentOS 7 に PHP 5.6 を yum でインストールする手順
http://weblabo.oscasierra.net/centos7-php56-install/
パーマリンクの使い方
https://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9
CentOS7 firewalldの設定
http://www.unix-power.net/centos7/firewalld.html
5.4.2. SELinux の無効化
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Security-Enhanced_Linux/sect-Security-Enhanced_Linux-Enabling_and_Disabling_SELinux-Disabling_SELinux.html
CentOSにWordPressをインストールする
http://qiita.com/speg03/items/516c5c0ca727b47c3d23
CentOS 7 : MariaDB インストール、及び初期設定
http://server.etutsplus.com/centos-7-mariadb-install-and-mysql-secure-installation/
CentOS 7 EPEL リポジトリ追加
http://server.etutsplus.com/centos-7-epel-repository-install/
  1. 2016/09/04(日) 18:30:50|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VMware-Toolsのサービス起動が失敗している件

カーネルアップデートしたら、VMware-toolsのサービス起動が失敗していた。
 
●事象詳細と対処
・状態確認
[root@localhost ~]# systemctl status vmware-tools
● vmware-tools.service - SYSV: Manages the services needed to run VMware software
  Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/vmware-tools)
  Active: failed (Result: exit-code) since 日 2016-09-04 06:42:04 JST; 2min 7s ago
    Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
 Process: 1214 ExecStart=/etc/rc.d/init.d/vmware-tools start (code=exited, status=1/FAILURE)
 
9月 04 06:42:35 localhost.localdomain systemd[1]: Starting SYSV: Manages the services needed to run VMware software...
9月 04 06:42:03 localhost.localdomain vmware-tools[1214]: Checking acpi hot plug[  OK  ]
9月 04 06:42:03 localhost.localdomain vmware-tools[1214]: Starting VMware Tools services in the virtual machine:
9月 04 06:42:03 localhost.localdomain vmware-tools[1214]: Switching to guest configuration:[  OK  ]
9月 04 06:42:03 localhost.localdomain vmware-tools[1214]: Guest filesystem driver:[失敗]
9月 04 06:42:04 localhost.localdomain vmware-tools[1214]: Mounting HGFS shares:[失敗]
9月 04 06:42:04 localhost.localdomain systemd[1]: vmware-tools.service: control process exited, code=exited status=1
9月 04 06:42:04 localhost.localdomain systemd[1]: Failed to start SYSV: Manages the services needed to run VMware software.
9月 04 06:42:04 localhost.localdomain systemd[1]: Unit vmware-tools.service entered failed state.
9月 04 06:42:04 localhost.localdomain systemd[1]: vmware-tools.service failed.
 
・対策
参考サイトによると、上記のエラーは
VMware-toolsがカーネルのファイルライブラリに依存関係を持っているが故に発生していた模様。
対策として、vmware-config-tools.plを実行し、再構成すれば良いと書いてある。
[root@localhost ~]# /usr/bin/vmware-config-tools.pl
Initializing...
Making sure services for VMware Tools are stopped.
 
Stopping Thinprint services in the virtual machine:
  Stopping Virtual Printing daemon:                                   done
Stopping vmware-tools (via systemctl):                     [  OK  ]
 
The module vmci has already been installed on this system by another installer
(略)
 
 
・再状態確認
[root@localhost ~]# systemctl status vmware-tools
● vmware-tools.service - SYSV: Manages the services needed to run VMware software
  Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/vmware-tools)
  Active: active (exited) since 日 2016-09-04 06:49:16 JST; 1s ago
    Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
 Process: 18778 ExecStop=/etc/rc.d/init.d/vmware-tools stop (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Process: 19033 ExecStart=/etc/rc.d/init.d/vmware-tools start (code=exited, status=0/SUCCESS)
9月 04 06:49:15 localhost.localdomain systemd[1]: Starting SYSV: Manages the services needed to run VMware software...
9月 04 06:49:16 localhost.localdomain vmware-tools[19033]: Checking acpi hot plug[  OK  ]
9月 04 06:49:16 localhost.localdomain vmware-tools[19033]: Starting VMware Tools services in the virtual machine:
9月 04 06:49:16 localhost.localdomain vmware-tools[19033]: Switching to guest configuration:[  OK  ]
9月 04 06:49:16 localhost.localdomain vmware-tools[19033]: Guest filesystem driver:[  OK  ]
9月 04 06:49:16 localhost.localdomain vmware-tools[19033]: Mounting HGFS shares:[失敗]
9月 04 06:49:16 localhost.localdomain systemd[1]: Started SYSV: Manages the services needed to run VMware software.
 
なお、Mounting HGFS shares:[失敗]が発生しているが、これはホストOSとゲストOSのファイル共有機能を有効にすれば解決するらしい。
今は、同機能を意図的に無効にしているので、無視することとする。
 
 
●参考
VMware Tools fail to start after a Linux guest operating system kernel upgrade (2050592)
https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2050592
  1. 2016/09/04(日) 07:28:35|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RHEL6から7の変更点

自分にとって覚えておきたいところだけ記載。
 
 
●ファイルシステム
xfsがデフォルトとなった。
 
[user001@localhost ~]$ df -T
ファイルシス            タイプ   1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/centos-root xfs         28997804 9023720 19974084   32% /
devtmpfs                devtmpfs     1917500       0  1917500    0% /dev
tmpfs                   tmpfs        1932956     148  1932808    1% /dev/shm
tmpfs                   tmpfs        1932956   17336  1915620    1% /run
tmpfs                   tmpfs        1932956       0  1932956    0% /sys/fs/cgroup
/dev/sdb1               xfs         41921540 1736404 40185136    5% /data
/dev/sda1               xfs           484012  216980   267032   45% /boot
tmpfs                   tmpfs         386592       4   386588    1% /run/user/42
tmpfs                   tmpfs         386592      28   386564    1% /run/user/1000
 
なお、2016年8月時点での主要OSのデフォルト(もしくは推奨)のファイルシステム名は以下の通り。
 
 ・RHEL 6.8 ext4
 ・RHEL 7.2 xfs
 ・HP-UX 11iV3 JFS(VERITAS File System(VxFS))
 ・AIX 7.1 JFS2/JFS (IBM Journaled File System) 
 ・Solaris 11 ZFS
 ・Windows 10 NTFS
 ・OS X v10.11 HFS+
 
 
●サービス管理コマンド
chkconfig、serviceからsystemctlになった。
 
・サービス一覧表示
RHEL6
RHEL7でchkconfigを実行すると、ご丁寧に下記のような注意書きを表示してくれる。
[user001@localhost ~]$ chkconfig
 
注記: この出力は SysV サービスのみであり、ネイティブな systemd のサービスは含まれていません。
     systemd services. SysV 設定のデータはネイティブな systemd の設定によって上書きされます。
     systemd サービスを一覧表示するには 'systemctl list-unit-files' を使用してください。
     特定のターゲットにおいて有効化されているサービスを確認するには、
     'systemctl list-dependencies [target]' 。
 
netconsole      0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
network         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
vmware-tools    0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
vmware-tools-thinprint  0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
/etc/init.d配下にも、上記4サービスのスクリプトしかない。
[root@localhost ~]# ls /etc/init.d/
README  functions  netconsole  network  vmware-tools  vmware-tools-thinprint
 
 
RHEL7
定義済サービス一覧
[user001@localhost ~]$ systemctl list-unit-files
UNIT FILE                                   STATE
proc-sys-fs-binfmt_misc.automount           static
dev-hugepages.mount                         static
dev-mqueue.mount                            static
proc-fs-nfsd.mount                          static
(略)
稼働中サービス一覧
[root@localhost ~]# systemctl list-units
 UNIT                                                           LOAD   ACTIVE SUB       DESCRIPTION
 sys-devices-platform-serial8250-tty-ttyS0.device               loaded active plugged   /sys/devices/platform/serial8250/tty/ttyS0
 sys-devices-platform-serial8250-tty-ttyS1.device               loaded active plugged   /sys/devices/platform/serial8250/tty/ttyS1
 sys-devices-platform-serial8250-tty-ttyS2.device               loaded active plugged   /sys/devices/platform/serial8250/tty/ttyS2
 sys-devices-platform-serial8250-tty-ttyS3.device               loaded active plugged   /sys/devices/platform/serial8250/tty/ttyS3
(略)
 
 
・特定サービスの状態確認
RHEL6
RHEL7でserviceコマンドを実行すると、ご丁寧に下記のようにsystemctlコマンドでリダイレクトしてくれる。
[root@localhost ~]# service httpd status
Redirecting to /bin/systemctl status  httpd.service
● httpd.service - The Apache HTTP Server
  Loaded: loaded (/etc/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor preset: disabled)
  Active: inactive (dead)
    Docs: man:httpd(8)
          man:apachectl(8)
            
RHEL7
[root@localhost ~]# systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
  Loaded: loaded (/etc/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor preset: disabled)
  Active: inactive (dead)
    Docs: man:httpd(8)
          man:apachectl(8)
 
なお、起動/停止は、statusを、start/stopにするだけなので、このあたりのオプションはserviceコマンドと同様。
 
 
●ネットワーク系コマンド
net-toolsパッケージが入っていれば、RHEL6系のコマンドも利用可能。
自分の環境では、最初から入っていた。
 
[user001@localhost ~]$ rpm -qa |grep "net-tools"
net-tools-2.0-0.17.20131004git.el7.x86_64
 
・IPアドレス表示
RHEL6
[user001@localhost ~]$ ifconfig
eno16777728: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
       inet 192.168.160.135  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.160.255
       inet6 fe80::20c:29ff:febe:9b0d  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
       ether 00:0c:29:be:9b:0d  txqueuelen 1000  (Ethernet)
       RX packets 1324465  bytes 1666881265 (1.5 GiB)
       RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
       TX packets 727575  bytes 80841581 (77.0 MiB)
       TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING>  mtu 65536
       inet 127.0.0.1  netmask 255.0.0.0
       inet6 ::1  prefixlen 128  scopeid 0x10<host>
       loop  txqueuelen 0  (Local Loopback)
       RX packets 1306  bytes 109318 (106.7 KiB)
       RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
       TX packets 1306  bytes 109318 (106.7 KiB)
       TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
 
RHEL7
[user001@localhost ~]$ ip addr
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
   link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
   inet 127.0.0.1/8 scope host lo
      valid_lft forever preferred_lft forever
   inet6 ::1/128 scope host
      valid_lft forever preferred_lft forever
2: eno16777728: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
   link/ether 00:0c:29:be:9b:0d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
   inet 192.168.160.135/24 brd 192.168.160.255 scope global dynamic eno16777728
      valid_lft 1678sec preferred_lft 1678sec
   inet6 fe80::20c:29ff:febe:9b0d/64 scope link
      valid_lft forever preferred_lft forever
 
 
・TCPの接続状態の表示
RHEL6
[user001@localhost ~]$ netstat -tan
Active Internet connections (servers and established)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address           Foreign Address         State
tcp        0      0 192.168.122.1:53        0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:22              0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 127.0.0.1:631           0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0      0 127.0.0.1:25            0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0     96 192.168.160.135:22      192.168.160.1:54476     ESTABLISHED
tcp6       0      0 :::22                   :::*                    LISTEN
tcp6       0      0 ::1:631                 :::*                    LISTEN
tcp6       0      0 ::1:25                  :::*                    LISTEN
 
RHEL7
[user001@localhost ~]$ ss -tan
State       Recv-Q Send-Q                  Local Address:Port                                 Peer Address:Port
LISTEN      0      5                       192.168.122.1:53                                              *:*
LISTEN      0      128                                 *:22                                              *:*
LISTEN      0      128                         127.0.0.1:631                                             *:*
LISTEN      0      100                         127.0.0.1:25                                              *:*
ESTAB       0      96                    192.168.160.135:22                                  192.168.160.1:54476
LISTEN      0      128                                :::22                                             :::*
LISTEN      0      128                               ::1:631                                            :::*
LISTEN      0      100                               ::1:25                                             :::*
 
 
●参考
RHEL6→RHEL7で変更された主要コマンドまとめ
https://oss.sios.com/yorozu-blog/rhel6-rhel7change
  1. 2016/09/04(日) 06:06:19|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IE11であらゆるWebサイトの表示が崩れる

結論から言うと、IEの互換性表示の問題であったわけだが、
その理由が意味不明。

●経緯
たま~にIEを使っていたが、ある日に起動したところ、
今まで正常表示されていたあらゆるWebサイトの表示がおかしい。
「ついにシェア落とし始めたIEを各Webサイトが見捨て始めたのか」
と思ったが、F12ツールのエミュレーションタブで確認すると、
どうやら表示がIE7(既定)の互換性表示で動作している模様。
そこで、
ツール>互換表示設定
で設定確認した。しかし、特に互換表示サイトの登録はされていない。
さらに意味不明なのが、MSN.comとGoogleはIE11(既定)で表示されるが、
YahooやAmazonを初めとした大多数のWebサイトはIE7(既定)互換で表示されている。

●対処
互換表示設定の下にあるチェックボックス「イントラネットサイトを互換表示で表示する」
のチェックを外して無効にしたところ、全てのサイトがIE11(既定)で表示されるようになった。
IEが何を基準にイントラネットと判断しているかは不明だが、
この設定はWebで色々と調べてみると、火種を生んでいるようだ。
だが、デフォルト設定はこの設定が有効であり、今までIE11表示だったにも関わらず、
突然IE7互換で動作するようになったのはおかしい。
同じマシンのVMware上のWindows10からは、
「イントラネットサイトを互換表示で表示する」がオンでも各WebサイトがIE11で動作し、正常に表示される。
なので、どうやら自分が使っているWindows10環境固有の問題の模様。

●原因
そこで、心当たりがないか、このマシンで過去にあったことを思い出してみた。
10秒程で、思い当たる節を見つけた。
「下記の記事の④のイベントで巻き添え食らった可能性大ですわ。。。時期的にもぴったり。」

Windows10が不安定過ぎてヤバい
http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-112.html
  ④OSシャットダウン実行時にハング。強制終了後再起動すると、Cドライブのファイルが半壊。

  1. 2016/09/01(木) 04:39:36|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10が不安定過ぎてヤバい

今回はただの愚痴である。

かれこれ今のノートPCで3か月ほど、Windows10を使っている。
が、WindowsMEの方がマシと思えるくらい不安定さがヤバい。

まあ、サポートされていないメーカー製ノートPCで、
自分でドライバ集めて使っているから自己責任であるのは自覚している。
だが、デバイスマネージャー上は見かけ上、正常に見えているにも関わらず、
致命的な不具合が頻発しているのは、残念である。

今まで遭遇した不具合というのは、以下の4つ。

 ①サウンドドライバが正常認識されているが、オーディオデバイスが見つからない(=音がでない)
    →最新サウンドドライバインストール後に発生。古いドライバを入れ直しても回復せず。
     OS再インストールにより解決(というのか?)。
 ②スリープモード移行後に100%復帰しない
    →①対応のため、OS再インストール直後から発生。
     Intel Dynamic Power Performance Management Processor Driverを入れ直しで解決。
 ③スリープ関連の設定を全て無効にしても、2~3分後くらい無操作が続くと勝手にスリープになる。
    →②の対応直後から発生。発生するときと、しないときがある。対応策なし。
 ④OSシャットダウン実行時にハング。強制終了後再起動すると、Cドライブのファイルが半壊。
    →OS起動は問題なく起動できたが、以下のような問題が発生していた。
      ・ChromeやVMwareの前回起動時タブが記憶されていない(前回は正常終了している)
      ・デスクトップに保存していた複数テキストファイルが半角スペースのみの文字列にトランスフォーム
      ・sakuraエディタの右クリック表示時のメニューが消えた(笑)
    →どうも終了直前に使用していたアプリケーションの関連ファイルが、
     軒並み保存に失敗した模様。失敗だけなら良いが、前の正常データをぶっ壊すというおまけ付き。
    →一応、chkdskやsfc /scannowはかけたが、「異常なし」という結果。
     まあ、Windows本体は今のところ不具合がないため、確かにあっている。
     

もう、Windows7に戻すしかないな。。。
  1. 2016/09/01(木) 04:27:41|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ