topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windowsでの自動バックアップバッチスクリプト

自動で今日日付のフォルダを作成し、バックアップ元から指定フォルダをコピーするスクリプト。

set yyyymmdd=%DATE:/=%
cd [バックアップ先ルートフォルダパス]
mkdir %yyyymmdd%
xcopy /E /S /I [バックアップ元ルートフォルダ]\[バックアップ対象フォルダ] .\%yyyymmdd%\[バックアップ対象フォルダ]


※オプションの意味
/E・・・空フォルダもコピーする
/S・・・バックアップ元フォルダのサブフォルダも含めてコピーする。ただし、空フォルダはコピーしない。
/I・・・バックアップ先フォルダで、[バックアップ対象フォルダ]をフォルダとして作成後コピーする
  1. 2012/06/11(月) 12:57:15|
  2. Windows
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Windowsバッチファイルでループ処理を実行する

Windowsでループ処理を実行したい場合

1.カレントディレクトリにあるファイル数分だけループ
●.batファイルに記述する場合
for %%i in (*.csv) do [処理コマンド] %%i

●コマンドプロンプトから直接入力する場合
for %i in (*.csv) do [処理コマンド] %i

※Windowsでは、.batファイルで変数を記述する場合は、%が2個必要なので注意!


参考
炎のコマンドプロンプト入門
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/1227/batfor.html
  1. 2012/01/26(木) 23:04:22|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Windows】ワークグループ間のファイル共有ができない

●事象
同じワークグループ名のPC間で、
マイネットワーク>ネットワーク全体>Microsoft Windows Network>Worlgroup>(アクセス先PC名)
をクリックしても、以下のエラーメッセージが表示されアクセスできない。(IP直打ちアクセスでも同様)
●エラーメッセージ
ログオン失敗:アカウントは現在無効に設定されています。
●原因
アクセス元のPCのユーザアカウントにパスワードが設定されていないため
●対処
アクセス元のPCのユーザアカウントにパスワードを設定
●事象発生環境
アクセス元PC:WindowsXP SP3
アクセス先PC:Windows7 SP1,WindowsXP SP3

Windowsってユーザアカウントにパスワード付与しないと色々とトラブルよね。リモートデスクトップもアクセス先のPCにパスワード設定しなきゃログインできないし。
  1. 2011/07/14(木) 04:32:16|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

環境変数で特定の文字列を抜き出す

Windowsでバッチファイルを実行するとき等、日付を抽出したいときがある。日付の表示は、dateコマンドを実行する方法と、環境変数dateを表示させる方法の2通りある。しかし、Windowsでは、いずれの方法もYYYY/MM/DDの形式で必ず表示されてしまう。


C:\Users\User>date /T
2011/01/24
C:\Users\User>echo %date%
2011/01/24


20110124のように、自分が指定したい形式で出力させるとき、上記の方法では対応できない。そんなときは、環境変数の指定文字列を抽出すればよい。


●環境変数から指定文字列を抽出する

C:\Users\User>set YYYY=%date:~0,4%
C:\Users\User>echo %YYYY%
2011
C:\Users\User>set MM=%date:~5,2%
C:\Users\User>echo %MM%
01
C:\Users\User>set DD=%date:~8,2%
C:\Users\User>echo %DD%
24




上記のように、
環境変数「%date%」の間に、「:~m,n」を挿入すると、m文字目からn文字分の文字列を抽出して結果が出力される。ほかにも色々な指定の方法があるらしいので、詳細は下記サイト参考のこと。


参考
バッチ・ファイル中で日付をファイル名に使用する
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/419batchdate/batchdate.html

(追記 2012/06/11)
以下のように記述すると、1行でyyyymmdd形式の名前を出力できる。

set yyyymmdd=%DATE:/=%
  1. 2011/01/24(月) 01:54:17|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OEMパーティションの削除

Windowsでは「コンピュータの管理」>記憶域>ディスクの管理
でGUIからディスクのパーティション変更が可能だ。
しかし、たまにこのGUI上から変更操作できないときがある。
そんなときはコマンドプロンプト上からdiskpartコマンドを実行するのが常套である。
しかし、diskpartコマンドを利用してもパーティション変更できないことがあったのでその覚書。

パーティション変更しようとした対象は、先日買ったノートPC「LenovoG560」付属していた2.5インチハードディスクの「OEMパーティション」と呼ばれるリカバリ領域である。この領域を削除しようとしたところ、以下のようなメッセージが出てしまった。


DISKPART> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。

DISKPART> list partition

Partition ### Type Size Offset
------------- ------------------ ------- -------
Partition 1 プライマリ 283 GB 1024 KB
Partition 2 OEM 14 GB 283 GB

DISKPART> select partition 2

パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> delete partition

仮想ディスク サービス エラー:
force protected パラメーターを設定しないと、保護されたパーティションは削除できません。



このメッセージでググると、以下のサイトで解決方法が出ていた。

■[Platform] 回復パーティションを削除する方法
http://d.hatena.ne.jp/hororiholy/20101211/p1

上記サイトによると、

DELETE PARTITION に OVERRIDEというオプションを付ければ削除可能とのこと。
早速やってみた。

DISKPART> delete partition override

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。



おお、よかった。無事パーティション削除ができた。
「コンピュータの管理」>記憶域>ディスクの管理
のGUI上でもOEMパーティションが「未割り当て」状態になっている。

これにて一見落着。






テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/01/10(月) 19:54:47|
  2. Windows
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。