topimg.jpg


今更ながらのF-12C(V18)をroot化

【経緯】
●やりたい事
F-12C(Android 2.3.4:V18)にインストールしたアプリデータのバックアップを取得したい。

●問題
Android 2.3.4では、adbツールを利用しても権限がないため、アプリファイル(/data/app/*)を参照できない。
 (例)通常の権限状態
    drwxrwx--x system system 2012-05-03 03:58 data
●対策
root化。以下、その手順。(V20では、下記手順のみでは対応不可)


【手順】
●大まかな流れ
I.adbツール(資材①、②、④)をインストールし、Android端末にPCから操作可能な状態にする
II.資材③を利用して、Android端末をrootハックする


●資材
①Android SDK
 http://developer.android.com/sdk/index.html
 ⇒adbツールを利用するために必要
②F-12Cデバイスドライバ
 http://spf.fmworld.net/oss/driver/f-12c/data/download.html
 ⇒adbツールで、F-12Cを利用するために必要
③DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip
 http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350
 ⇒adbツールを通して、rootハックするために必要
④JAVA SDK
 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
 ⇒①の資材で、SDK Manager.exeを実行するために必要

●手順詳細
1.資材①、②、③、④をインストール。インストールの仕方は「参考サイト」参照
2.下記コマンドを実行し、adbでの接続を行う
 >adb devices ・・・adb接続可能なデバイスを表示。同時にadb.exeも起動。
 * daemon not running. starting it now on port 5037 *
 * daemon started successfully *
 List of devices attached
 F12C170115 device

 >adb shell ・・・adb接続開始(端末エミュレート開始)
 $
3.資材③のバッチファイル(runme.bat)を実行する
4.再度2.の手順でadb接続開始
5.下記コマンドを実行し、root権限を取得可能なことを確認
 $ su -
 su -
 #

6.adbを終了する
 >adb kill-server ・・・adb.exeプロセスのkill

●参考サイト
・F-12Cデバイスドライバのインストール
 http://smartgoods.me/2011/11/f12c_for_usb_driver/
・Android ADB Shell を使うためには(USB接続含む)
 http://wghost.org/it/android/android-adb-shell-usb/
  1. 2012/12/23(日) 04:21:21|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SC-05DでFOMA SIMを使うための設定

噂のSC-05Dをようやく手に入れたため、月1580円の定額データプラン128K バリューのSIMを利用することにした。ところが、FOMAのSIMをXi端末であるSC-05Dに入れても、電波を掴むことができない。困った、、、もしやXi端末ではFOMAのSIMを使うことできないのか?

と思っていたところ、調べてみるとLTEを無効にすればFOMA SIMを利用できるらしい。LTEの無効の仕方は、少し特殊で、Android 2.3と4.0で方法が違う。私は4.0だったので、以下のサイトのやり方を参考にした。

OS4.0.4にアップデート後のSC-05DのLTEをオフにする
http://plus-dgd.blogspot.jp/2012/10/os404sc-05dlte.html


上記手順で、難なくFOMA SIMを認識。表示が3GになったりHになったりするが、特に問題なく128kライフを満喫できている。

128kでも、意外にもストレスなく表示がされているように感じるのは、SC-05Dの性能の良さが起因しているのだろうか・・・。ともあれ、これでFOMA機種変更の案件があっても、パケ漏れを恐れることなく契約できる。



テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/12/22(土) 02:13:03|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

docomoデータプランの整理

docomoのデータプラン料金体系が複雑すぎるので整理してみた。複雑すぎて腹が立ってきた(笑)。もっとシンプルにしたらXiの加入者増えると思うんだけど、どうですかdocomoさん?

携帯乞食として抑えておきたいポイントは、月々サポート対象の有無。2012年5月にあったXi5円回線祭りのようなときに重要になってくる。ここを抑えていないと、せっかくの月々サポートが消滅するリスクがあるので要注意。

なお、2012年6月3日時点の情報を元に整理しているので、今後内容が変更される点をご留意頂きたい。

  docomoデータプラン一覧

項番

プラン名称

タイプ

料金

下限

料金

上限

解約金

月々サポート対象

最大受信速度

備考

1

Xiデータプランにねん

Xi

¥1,000

¥6,510

\9,975~\26,880

×

75Mbps

2

Xiデータプラン

Xi

¥2,470

¥7,980

なし

×

75Mbps

3

Xiデータプランフラットにねん

Xi

¥5,985

¥5,985

¥9,975


75Mbps

4

Xiデータプランフラット

Xi

¥6,405

¥6,405

なし


75Mbps

5

Xiデータプラン2にねん

Xi

¥2,500

¥6,510

¥9,975


75Mbps

6

Xiデータプラン2

Xi

¥3,970

¥7,980

なし


75Mbps

7

定額データプラン スタンダード バリュー

FOMA

¥1,000

¥5,985

\9,975~\26,880

×

14Mbps

定額データスタンダード割適用時の料金

8

定額データプラン スタンダード2 バリュー

FOMA

¥2,500

¥5,985

¥9,975


14Mbps

定額データスタンダード割2適用時の料金

9

定額データプラン フラット バリュー

FOMA

¥5,460

¥5,460

¥9,975


14Mbps

定額データスタンダード割2適用時の料金

10

定額データプラン128K バリュー

FOMA

¥1,580

¥1,580

¥9,975

×

128kbps

定額データ 128K割適用時の料金

11

定額データプラン64K バリュー

FOMA






12

定額データプラン スタンダード

FOMA






13

定額データプラン スタンダード2

FOMA






14

定額データプラン フラット

FOMA






15

定額データプラン64K

FOMA






16

定額データプラン128K

FOMA






17

従量データプラン

FOMA






18

プリペイドデータプラン

FOMA









解約金のイメージ


image001_20120826170350.png


基本的に、解約金が9975円~26880円のプランから、そうじゃないプランに変更すると解約金が発生する。


凡例
   白矢印:解約金なし
   赤矢印:解約金あり

前提
   ※契約更新月以外でプラン変更した場合を想定



参考
「Xi」(クロッシィ)データ通信料金プラン
http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/xi/bill_plan/

FOMAデータ通信
http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/foma/

「Xiデータ通信専用プラン」と「FOMA定額データプラン」との比較表
http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/comparison/index.html








  1. 2012/06/03(日) 23:37:39|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラスXi割についての整理

今更ながら5円パケットフリー回線で話題になっているプラスXi割について、色々なパターンを整理してみた。
表が綺麗に貼れないのは御愛好(FC2のワード貼り付け機能がどうも思うように動かんのです)


●前提
・docomo以外のキャリアから違約金(約9800円)を支払ってMNPで新規契約をする
・初回契約時の回線種別を変更し、且つプラスXi割を適用させた状態の料金で総計を計算する
・見積もりは、2012年5月27日時点を想定したものである
・端末購入費用、キャッシュバックの金額はテルルモバイルNeo秋葉原店様、イオン某店の価格を参考とした
・端末売却の金額は、オークファンで2012年5月27日時点から過去30日の落札価格を参考とした
・あくまで筆者主観の参考見積もりであり、細かい点では実際と異なる点がある
●プラスXi割パターン一覧
項番
区分
項目
1台目
2台目
総費用(2年間)
1
2台MNP契約
2台同時MNP王道パターン
SC-05D
Xi音声⇒Xiデータ
SonyTablet S
FOMA音声
¥-21,400
2
2台MNP契約
2台同時MNP妥協パターン
SC-05D
Xi音声⇒Xiデータ
BF-01D
Xi音声
¥-9,400
3
1台MNP契約
1台同時MNP王道パターン
SC-05D
Xi音声⇒Xiデータ
既存回線
FOMA音声
¥23,210
4
1台MNP契約
1台のみMNP妥協パターン
BF-01D
Xi音声⇒Xiデータ
既存回線
FOMA音声
¥33,690
※SC-05Dの初回契約時Xi音声プランは、契約月にXiデータプランに変更すると、音声とデータの料金が二重課金される。しかも、料金は日割りにならない。そのため、プラン変更は契約翌月初日に適用させること。
※ただし、Xiパケ・ホーダイ ダブルならば日割りにできるため、初回契約時Xi音声プランは、可能ならばXiパケ・ホーダイ ダブルで契約する。(下限2100円までの場合。2100円を超えると日割りにならない)
※項番3,4の総費用は、既存回線を780円で寝かせ運用しているものからの増分を料金として算出
※BF-01DのMNP契約は、データ通信プランはMNP対象外のため、音声契約してからデータ契約に変更する必要がある。
  店によっては、契約時に自動で音声からデータに変更してくれる。
●料金詳細
パターン1
2台同時MNP王道パターン
項番
区分
項目
SC-05D
SonyTablet S
1
初期費用
端末購入費
28,000
0
2
事務手数料
3,150
3,150
3
違約金
9,800
9,800
4
MNP転出手数料
2,100
2,100
5
セット割
-10,500
-
6
キャッシュバック
0
-10,000
7
端末売却
-34,000
-25,000
8
合計
-1,450
-19,950
9
月々費用
xiデータプランフラットにねん
5,985
-
10
パケ・ホーダイ ダブルダブル
-
2,100
11
SPモード(moperaUの場合は525円)
315
0
12
プランSS
-
980
13
プラスXi割
-2,005
-
14
月々サポート(MNP増額)
-2,100
-2,100
15
月々サポート
-2,310
-1,260
16
合計
-115
-280
17
24ヶ月合計
0
0
※0円は厳密には5円
18
2年間
総計
-1,450
-19,950
-21,400
パターン2
2台同時MNP妥協パターン
項番
区分
項目
SC-05D
BF-01D
1
初期費用
端末購入費
28,000
0
2
事務手数料
3,150
3,150
3
違約金
9,800
9,800
4
MNP転出手数料
2,100
2,100
5
セット割
-10,500
-
6
キャッシュバック
0
-5,000
7
端末売却
-34,000
-18,000
8
合計
-1,450
-7,950
9
月々費用
xiデータプランフラットにねん
5,985
-
10
パケ・ホーダイ ダブルダブル
-
2,100
11
SPモード(moperaUの場合は525円)
315
0
12
プランSS
-
980
13
プラスXi割
-2,005
-
14
月々サポート(MNP増額)
-2,100
-2,100
15
月々サポート
-2,310
-1,260
16
合計
-115
-280
17
24ヶ月合計
0
0
※0円は厳密には5円
18
2年間
総計
-1,450
-7,950
-9,400
パターン3
1台同時MNP王道パターン
項番
区分
項目
SC-05D
既存回線
1
初期費用
端末購入費
28,000
-
2
事務手数料
3,150
-
3
違約金
9,800
-
4
MNP転出手数料
2,100
-
5
セット割
-
-
6
キャッシュバック
0
-
7
端末売却
-34,000
-
8
合計
9,050
0
9
月々費用
xiデータプランフラットにねん
5,985
-
10
パケ・ホーダイ ダブルダブル2
-
390
11
SPモード(moperaUの場合は525円)
315
0
12
プランSS
-
200
※780円からの増分
13
プラスXi割
-2,005
-
14
月々サポート(MNP増額)
-2,100
-
15
月々サポート
-2,310
-
16
合計
-115
590
17
24ヶ月合計
0
14,160
※0円は厳密には5円
18
2年間
総計
9,050
14,160
23,210
パターン4
1台のみMNP妥協パターン
項番
区分
項目
BF-01D
既存回線
1
初期費用
端末購入費
0
-
2
事務手数料
3,150
-
3
違約金
9,800
-
4
MNP転出手数料
2,100
-
5
セット割
0
-
6
キャッシュバック
-5,000
-
7
端末売却
-18,000
-
8
合計
-7,950
0
9
月々費用
xiデータプランフラットにねん
5,985
-
10
パケ・ホーダイ ダブルダブル2
-
390
11
SPモード(moperaUの場合は525円)
525
0
12
プランSS
-
200
※780円からの増分
13
プラスXi割
-2,005
-
14
月々サポート(MNP増額)
-2,100
-
15
月々サポート
-1,260
-
16
合計
1,145
590
17
24ヶ月合計
27,480
14,160
18
2年間
総計
19,530
14,160
33,690
●参考
月5円パケットフリー回線の復習
http://gadget-communication.blogspot.jp/2012/05/blog-post_1146.html
価格.comクチコミ「イオンニューコムで」
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000356519/SortID=14582731/
ドコモ 月々サポート一覧まとめ 2012年5月18日時点
http://deflalife.blog.fc2.com/blog-entry-2022.html
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/plus_xiwari/
テルルモバイルNeo秋葉原店
https://twitter.com/#!/teluruakihabara
 

  1. 2012/05/28(月) 02:37:37|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソフトバンク007Zをdocomo端末F-12Cで利用

某テルルで一括0円だったので衝動買いした007Z。月額2480円で、自宅(PC)とモバイル(3Gオフスマホ)に両用しており、我が家の家計に大きく貢献してくいている。自宅は何故かソフトバンク電波が届かないので、イーモバ回線のほうを常用。当初は007ZをポケットWiFi端末として3Gオフスマホと併用していたが、以下のような難点があった。

●007Zの難点
・電池持ちが悪い
・接続の度に操作を伴うので面倒

そのため、007ZのSIMを別端末に入れての運用を検討していた。そこで白羽の矢にたったのがF-12C。F-12Cは、以下のような特徴がある。

●F-12Cの特徴
・イーモバSIM使える
・WiFiテザリング可能
・Android 2.3だからサクサク
・おサイフケータイ対応
・防水
・クレードルついてる
・安い(ヤフオクで中古5000円、新品10000円くらい)

そういうことで、実際に使うまでの手順と使ってみた結果を以下に示す。

●手順
・docomoショップのおねえちゃんにSIMロック解除を3150円でしてもらう
・007ZのSIMをSUB回線のまま電源OFFにして抜く
・そのままSIMをF-12Cに挿す
・設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク設定>アクセスポイント名
 にて、以下を設定
  APN:emb.ne.jp
  ユーザー名:em
  パスワード:em
・設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク設定>データ通信を有効にする
 にて、チェックを入れる
・設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク設定>Wi-Fiアクセスポイント>Wi-Fiアクセスポイントの設定
 にて、適当にWi-Fiアクセスポイントの設定を行う
・設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク設定>Wi-Fiアクセスポイント>Wi-Fiアクセスポイント
 にて、チェックを入れる

以上で、F-12CでWiFiテザリングするところまで完了。

おまけで、勝手にソフトウェア更新されないよう、自動更新設定を解除
・設定>端末情報>ソフトウェア更新>ソフトウェア更新設定の変更


●速度検証環境
・F-12C ビルド番号:V18
・測定地:東京23区内屋内
・測定時間帯:平日16時~17時
・速度測定サイト:BNRスピードテスト

●速度検証結果
・F-12C端末からアクセス時(APN:emb.ne.jp)
下り
5.41Mbps
上り
1.25Mbps

・F-12C端末からWiFiテザリングでPCからアクセス時(APN:emb.ne.jp)
下り
5.04Mbps
上り
1.26Mbps

・F-12C端末からアクセス時(APN:emb2.ne.jp)
下り
1.35Mbps
上り
0.99Mbps

・007Z端末からWiFiテザリングでPCからアクセス時
下り
5.23Mbps
上り
1.19Mbps

ということで、どれも殆ど変わりのない結果になった。誤差の範囲内だろう。
この結果を受けて、自宅でのPCからのネット接続は
・APN:emb.ne.jp
・WiFiテザリング
で使用することにした。5Mbpsもでれば十分。

●使用しての感想
・自宅
 ⇒PCからでも速度が安定していて、普通画質動画ならストレスなく閲覧可能
 ⇒外出、帰宅時にいちいちWiFiテザリングのOnOffするのが面倒。なんかいいアプリないかな。。。
・モバイル
 ⇒どこにいても高速アクセス!
 ⇒電池持ちも良い!普通に1日持つ。モバイル端末として非の打ちようがない素晴らしい出来。
 ⇒と言いたい所だが、GPS、貴様は駄目だ!!
  1. 2012/04/21(土) 20:06:55|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ