topimg.jpg


今更ながらのF-12C(V18)をroot化

【経緯】
●やりたい事
F-12C(Android 2.3.4:V18)にインストールしたアプリデータのバックアップを取得したい。

●問題
Android 2.3.4では、adbツールを利用しても権限がないため、アプリファイル(/data/app/*)を参照できない。
 (例)通常の権限状態
    drwxrwx--x system system 2012-05-03 03:58 data
●対策
root化。以下、その手順。(V20では、下記手順のみでは対応不可)


【手順】
●大まかな流れ
I.adbツール(資材①、②、④)をインストールし、Android端末にPCから操作可能な状態にする
II.資材③を利用して、Android端末をrootハックする


●資材
①Android SDK
 http://developer.android.com/sdk/index.html
 ⇒adbツールを利用するために必要
②F-12Cデバイスドライバ
 http://spf.fmworld.net/oss/driver/f-12c/data/download.html
 ⇒adbツールで、F-12Cを利用するために必要
③DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip
 http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350
 ⇒adbツールを通して、rootハックするために必要
④JAVA SDK
 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
 ⇒①の資材で、SDK Manager.exeを実行するために必要

●手順詳細
1.資材①、②、③、④をインストール。インストールの仕方は「参考サイト」参照
2.下記コマンドを実行し、adbでの接続を行う
 >adb devices ・・・adb接続可能なデバイスを表示。同時にadb.exeも起動。
 * daemon not running. starting it now on port 5037 *
 * daemon started successfully *
 List of devices attached
 F12C170115 device

 >adb shell ・・・adb接続開始(端末エミュレート開始)
 $
3.資材③のバッチファイル(runme.bat)を実行する
4.再度2.の手順でadb接続開始
5.下記コマンドを実行し、root権限を取得可能なことを確認
 $ su -
 su -
 #

6.adbを終了する
 >adb kill-server ・・・adb.exeプロセスのkill

●参考サイト
・F-12Cデバイスドライバのインストール
 http://smartgoods.me/2011/11/f12c_for_usb_driver/
・Android ADB Shell を使うためには(USB接続含む)
 http://wghost.org/it/android/android-adb-shell-usb/
スポンサーサイト
  1. 2012/12/23(日) 04:21:21|
  2. モバイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<VMware ESXi 5.1の無償版ライセンスキー | ホーム | SC-05DでFOMA SIMを使うための設定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/92-852ed597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)