topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LaFonera(FON2200)のファームウェア書き換えに挑戦:結果失敗

FONルータのファームウェア書き換えに挑戦したが、失敗した。
もう諦める。

一応やったことをメモ


1. Kolofonium hackによるFreeWLANのインストール
 FONのリセットボタンを押して、初期化した際のバージョンが0.7.1r2。
DNSサーバを188.40.206.43にしてトライしたが、何度やってもFWには変化がないためあきらめる。
どうやら、2009年8月ころから、この自動インストールの方法ができなくなったらしい。


2. シリアルケーブル経由によるインストール
 UP-12Cケーブルを用意。今回は家にあったau携帯用のUSBケーブルを流用。
DVC00001.jpg

で、上のやつを頑張って加工してなんとかFONルータにさせる様な形にした。
(不器用な俺はここの作業にかなりの時間を費やした)

DVC00003.jpg

FONルータの基盤に、左から順にGND、Rxd、Txdがささっている。

これで、準備OK。FONルータに電源を入れ、USBをPCにさす。

・・・・・・・・。

「にょきん♪」
windowsにUSB機器を刺した時の音が鳴る。

「お、いけたか?」と思ったら次のようなエラーが。

error1.png

('A`)


「USBデバイスが認識されません」ってことはデバイス自体が認識されてないから、ドライバ云々以前の問題だ。つまり、ハード側に何かしらの原因がある。

接続や配線が悪いのかと思って、いろいろ試行錯誤してみたが、やっぱ駄目だった。

FONの改造を全くできない自分の馬鹿さが悔やまれる。

とりあえず、今回はこれで終了。

失った時間、プライスレス。




あとになって、まとめwiki読み返してたら気になった箇所があった。

>シリアル端子からPCに接続するには電圧レベルシフタが必要


・・・・・・・・。なんじゃそりゃ?
もしかして↓のことか?
vm.png

Kuni氏のブログでは上記のような、UP-12Cケーブルの間に謎の基盤が含まれている。
今回、俺が使用したUP-12Cケーブルにはそのようなものはなく、ストレートなタイプだった。
もしかして、使ったケーブルが悪かったのだろうか・・・。
回路系の知識皆無な俺にはよくわからんが、使ったケーブルが悪かった説が濃厚のような気がする。


参考
FONまとめwiki
UP-12Cを改造してLa Foneraに接続
La Fonera+ を買ってシリアル・ケーブルをつないでみた
スポンサーサイト
  1. 2009/11/01(日) 02:19:14|
  2. ハードウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Linuxでのトラブル「Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring」 | ホーム | 家のメインマシン兼自宅鯖>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/7-ba52ede2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。