topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【CentOS6】インストール後のIPv6Cの無効化

CentOS6.0を最小構成インストールしたら、特にIPv6の設定有無を聞かれなかったので、デフォルト通り有効になってしまった。そこで、インストール後にIPv6も無効化しておく。CentOS5以前とは設定方法がどうも異なるっぽい。

【IPv6Cの無効化】
●手順
①以下のディレクトリ配下に任意のファイルを作成する
/etc/modprobe.d/
②上記で作成したファイルに、下記のように編集する。
(編集後)
options ipv6 disable=1
③下記コマンドを実行し、ip6tablesサービスの起動スクリプトを無効化する
chkconfig ip6tables off
④OSを再起動する
●参考
IPv6の無効化
http://www.asahi-net.or.jp/~aa4t-nngk/miscenvfit.html#disableipv6
※上記サイトにあるよう、CentOS5以前?では、/etc/modprobe.confというファイルがあるので、それに必要情報を記入する。CentOS6では、/etc/modprobe.conf がデフォルトではないっぽいので、今回の手順が必要かと。
●確認環境
CentOS6.0 x86_64(最小構成インストール)
●実行例
[root@localhost ~]# ifconfig ※IPv6が有効であることを確認(inet6 addrが表示される)
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe65:d723/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:5850 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:1042 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:630983 (616.1 KiB) TX bytes:58573 (57.2 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)


[root@localhost ~]# touch /etc/modprobe.d/myconfig.conf ※実行内容①

[root@localhost ~]# ls -l /etc/modprobe.d/ 
合計 28
-rw-r--r--. 1 root root 52 7月 14 22:09 2011 anaconda.conf
-rw-r--r--. 1 root root 884 11月 12 18:10 2010 blacklist.conf
-rw-r--r--. 1 root root 382 11月 12 15:13 2010 dist-alsa.conf
-rw-r--r--. 1 root root 473 11月 12 15:13 2010 dist-oss.conf
-rw-r--r--. 1 root root 5596 11月 12 15:13 2010 dist.conf
-rw-r--r--. 1 root root 0 7月 19 11:35 2011 myconfig.conf
-rw-r--r--. 1 root root 30 10月 10 12:38 2009 openfwwf.conf

[root@localhost ~]# vi /etc/modprobe.d/myconfig.conf ※実行内容②

[root@localhost ~]# chkconfig --list ip6tables ※サービスの状態を確認
ip6tables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

[root@localhost ~]# chkconfig ip6tables off ※実行内容③

[root@localhost ~]# chkconfig --list ip6tables ※サービスの状態を確認
ip6tables 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

[root@localhost ~]# shutdown -r now ※実行内容④

(OS再起動)

[root@localhost ~]# ifconfig ※IPv6が無効であることを確認(inet6 addrが表示されない)
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:31 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:38 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:4344 (4.2 KiB) TX bytes:5473 (5.3 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)
スポンサーサイト
  1. 2011/07/19(火) 02:51:33|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【CentOS6】NICが有効化できないときの対処 | ホーム | 【CentOS6】インストール後のNICの有効化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/67-aa1f9f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。