topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【CentOS6】インストール後のNICの有効化

先日公開された、CentOS6.0を早速インストールしてみたが、CentOS6.0ではNICがデフォルトで有効化されていない。そのため、以下の設定をする必要がある。

【NICの有効化】
●手順
①以下のファイルを編集する。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
(編集前)
DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="no"
(編集後)
DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes" ※yesであれば、OS起動時からNICの有効化
BOOTPROTO="static" ※staticであれば、静的IP。dhcpであればDHCP
IPADDR="192.168.111.10"
NETMASK="255.255.255.0"
GATEWAY="192.168.111.2"
●参考
CentOSでのネットワークインターフェースの設定
http://linuxserver.jp/Linux/CentOS/CentOS%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A.php
●確認環境
CentOS6.0 x86_64(最小構成インストール)
●実行例
[root@localhost ~]#cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ※編集内容の表示
DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BOOTPROTO="static"
IPADDR="192.168.111.10"
NETMASK="255.255.255.0"
GATEWAY="192.168.111.2"

[root@localhost ~]#/etc/sysconfig/network-scripts/ifdown eth0 ※NIC(eth0)の無効化

[root@localhost ~]#/etc/sysconfig/network-scripts/ifup eth0 ※NIC(eth0)の有効化

[root@localhost ~]# ifconfig ※IPアドレスの確認
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe65:d723/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:3926 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:82 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:437063 (426.8 KiB) TX bytes:9601 (9.3 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)

[root@localhost ~]# route ※デフォルトゲートウェイの確認
Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags Metric Ref Use Iface
192.168.111.0 * 255.255.255.0 U 0 0 0 eth0
link-local * 255.255.0.0 U 1002 0 0 eth0
default 192.168.111.2 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth0



追記

IPを固定する場合は、DNSの設定も必要なのを忘れていた。。。

【DNSサーバの設定】
●手順
①以下のファイルを編集
/etc/resolv.conf
(編集後)
nameserver 192.168.111.2 ※デフォルトゲートウェイと同じIP。DNSサーバのマッピングはルータ等に任せる
●参考
IPアドレスを固定する
http://www.jitaku-server.net/domain_fix_ip.html
スポンサーサイト
  1. 2011/07/18(月) 18:29:49|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【CentOS6】インストール後のIPv6Cの無効化 | ホーム | 【Windows】ワークグループ間のファイル共有ができない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/66-95904b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。