topimg.jpg


WindowsOSを再インストールした時に自分がいつもやること

●WindowsOS(ノートPC、Windows7を想定)再インストール後にやること
・ドライバのインストール
・アンチウイルスソフトのインストール
・プロダクトキー入力してライセンス認証
・電源オプションの設定(自動スタンバイ→オフ、カバー閉じたときの動作→何もしない、画面の明るさ→70%くらい)
・サービスパックのインストール
・WindowsUpdate
・パフォーマンスの設定(縮小版を表示、視覚スタイル使用以外は無効にする)
・システムの保護(Cドライブ以外は無効)
・フォルダオプション(拡張子を全て表示)
・pagefile.sysの削除=仮想メモリを0MBに設定
・hiberfil.sysの削除=ハイバネーションを無効化(コマンドプロンプト上でpowercfg.exe /hibernate off)
・VMWareWorkstationのインストール


メモリ16GBつんでいると、Cドライブの領域でpagefile.sysが8GB、hiberfil.sysが16GBも容量食ってしまう。なので、これらは即消。
・C:\Usersの共有の解除(最近気づいたが、これがデフォルト共有モードになっているせいで、同じネットワークからデスクトップやマイピクチャが丸見えになる)
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/08/06(月) 02:42:04|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<WindwosXPの容量削減 | ホーム | Windowsでの自動バックアップバッチスクリプト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/58-879ec990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)