topimg.jpg


OEMパーティションの削除

Windowsでは「コンピュータの管理」>記憶域>ディスクの管理
でGUIからディスクのパーティション変更が可能だ。
しかし、たまにこのGUI上から変更操作できないときがある。
そんなときはコマンドプロンプト上からdiskpartコマンドを実行するのが常套である。
しかし、diskpartコマンドを利用してもパーティション変更できないことがあったのでその覚書。

パーティション変更しようとした対象は、先日買ったノートPC「LenovoG560」付属していた2.5インチハードディスクの「OEMパーティション」と呼ばれるリカバリ領域である。この領域を削除しようとしたところ、以下のようなメッセージが出てしまった。


DISKPART> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。

DISKPART> list partition

Partition ### Type Size Offset
------------- ------------------ ------- -------
Partition 1 プライマリ 283 GB 1024 KB
Partition 2 OEM 14 GB 283 GB

DISKPART> select partition 2

パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> delete partition

仮想ディスク サービス エラー:
force protected パラメーターを設定しないと、保護されたパーティションは削除できません。



このメッセージでググると、以下のサイトで解決方法が出ていた。

■[Platform] 回復パーティションを削除する方法
http://d.hatena.ne.jp/hororiholy/20101211/p1

上記サイトによると、

DELETE PARTITION に OVERRIDEというオプションを付ければ削除可能とのこと。
早速やってみた。

DISKPART> delete partition override

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。



おお、よかった。無事パーティション削除ができた。
「コンピュータの管理」>記憶域>ディスクの管理
のGUI上でもOEMパーティションが「未割り当て」状態になっている。

これにて一見落着。






スポンサーサイト

テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/01/10(月) 19:54:47|
  2. Windows
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<WindowsServerで無料のアンチウイルスソフト | ホーム | IS01で英字の自動大文字変換を解除する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/48-dfde469b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

OEMパーティションの削除

売却予定のHDDの初期化時、OEMパーティションの削除方法が分からず、下記サイト...
  1. 2015/07/14(火) 14:34:46 |
  2. ハギブロ.参