topimg.jpg


Linux/UNIXでddコマンドを使ってディスクダンプを取得する

●ディスクイメージのフルバックアップ
#dd if=[バックアップしたいデバイスファイルのパス] of=[出力先のファイルのパス]

ディスクhdaをカレントディレクトにdiskdump.ddという名前で保存
#dd if=/dev/hda of=./diskdump.dd

●ディスクイメージのリストア

#dd if=[入力元のファイルのパス] of=[リストアしたいデバイスファイルのパス]

ダンプファイルdiskdump.ddをディスクhdaへリストア
#dd if=./diskdump.dd of=/dev/hda

●指定したサイズのデータ作成
#dd if=/dev/zero of=[出力先のファイルのパス] bs=[1回あたりに入力・出力するファイルのブロックサイズ(byte)] count=[コピーする入力ファイルのブロック数] 
・/dev/zeroは読み込む内容が全てNULL(ASCIIコードで0x00)で返されるデバイスファイル
・出力されるファイルのサイズはbs×count(byte)になる

データ全てnull値のサイズ50MBのファイルをカレントディレクトにdiskdump.ddという名前で保存
#dd if=/dev/zero of=./diskdump.dd bs=1M count=50

●指定したディスクのデータを破壊(ゼロフィル)する
#dd if=/dev/zero of=[データを破壊したいデバイスファイルのパス] 

ディスクhdaのデータを全部0で埋めてやる!!(使用には細心の注意を)
#dd if=/dev/zero of=/dev/hda

参考
ファイルの変換・コピー
http://www.k-tanaka.net/unix/dd.html
ddを使ったテストファイルの作り方
http://www.server-memo.net/server/tips/test-data.html
スポンサーサイト
  1. 2010/03/29(月) 01:53:33|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<VMWare ESXi 4.0をUSB起動で使ってみた | ホーム | Oracleクライアントとリスナーの動作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/42-64e801d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)