topimg.jpg


強力なファイル復旧ソフト

ファイル復旧ソフトは世の中にいろいろある。

だが、有料のソフトでも、ほとんどはゴミ箱から消してしまったファイルを復旧する程度で、
パーティションをぶっ壊した状態からファイルを復旧できるソフトは少ないであろう。

「R-Studio データレスキュー 」は、パーティションをぶっ壊しても、前のパーティションで使ってたファイルを復旧できる程の力を持つすげえ奴。これで復旧できなかったらもうあきらめるしかない。

(そもそもパーティション誤ってぶっ壊すなんてシチュエーションがまずありえないのだが、アホな俺はWindosのインストーラで、間違って意図しないパーティションを削除してしまったwまじ凹んだ)

有料だが、体験版も下記からダウンロードできる。
http://www.vector.co.jp/swreg/catalogue/rstudio/
体験版の制限は、復旧できるファイルのサイズに上限があるものの、スキャンは制限なく行うことができる。


俺が復旧したかったファイルはただひとつ、重要な情報が記述されている「メモ.txt」という、1MBほどのテキストファイルだ。さっそく「R-Studio データレスキュー 体験版」を使って、テキストファイルの復旧を試みた。

結果として、「メモ.txt」の情報の8割ほどを復旧できた。

なぜ8割かというと、「R-Studio データレスキュー 体験版」では、テキストファイルの場合、オリジナルのファイル本体ごと復旧されることは少なく、ほとんどが複数のファイルにまたがって断片的に復旧されるからだ。俺が欲しかった「メモ.txt」も、オリジナルのファイル名では存在せず、任意の英数字のファイル名で、複数のファイルにまたがって復旧されていた。だから、一部内容が欠損した状態でなんとか復旧できたという次第だ。(ちなみに、「メモ.txt」の内容を、復旧した数万のテキストファイルの中から探すときは、sakuraエディタのgrep機能を使った。便利。)

でも、ほとんどのソフトでは全く復旧できなかったファイルを、「R-Studio データレスキュー 体験版」は8割も復旧してくれたのでやっぱりすごい。


ということで、結論として、「R-Studio データレスキュー 体験版」を使えばなんとかデータ復旧できるが、パーティションをぶっ壊してしまうと完全な復旧は難しいということだ。


後から知ったが、「TestDisk」というツールを使えば、パーティションをぶっ壊しても、元のパーティション構造を復元できるらしい。
もう、パーティション新たに作ってフォーマットしてしまったから遅えよ・・・



スポンサーサイト
  1. 2010/03/20(土) 15:25:09|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Oracleクライアントとリスナーの動作 | ホーム | パフォーマンスモニタを利用してのリソース情報取得>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/40-5b67ee41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)