topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

REDOログ概要

●REDOログ
・ロールフォワードに使用
・COMMITされた変更履歴データをREDOログファイルとしてデータファイルに保存
・メンバを多重化することによって、冗長化されている
・グループを多重化することによって、LGWRプロセスの書き込み処理が遅延しないようにしている
 (グループが一巡後のREDOログ書き込み時、上書きするREDOログがアーカイブ中だとLGWRはアーカイブが完了するまで待つ)
・UNDO表領域の更新情報も格納されている

REDOログ



●アーカイブログモード
・ARCHIVE LOGモード
オンラインバックアップと合わせて運用されることが多い
・NO ARCHIVE LOGモード
オフラインバックアップと合わせて運用されることが多い。オンラインREDOログの情報のみでロールフォワードできなくなった場合、オフラインバックアップ直後からしかリカバリできない

●UNDO
・ロールバックに使用
・UNDO表領域には複数のUNDOセグメントが作られる。処理中のトランザクションとUNDOセグメントが1:1で対応している。
・UNDOセグメント上の未COMMITのデータは上書きされないが、COMMIT後や一定時間経過後は上書きされる
・未COMMIT時の過去のデータを参照する必要がある場合、UNDOセグメント上のUNDO情報を利用する。ただし、処理中にUNDO情報が上書きされてしまうと、ORA-1555エラーが発生する。対策としては、UNDO情報の保持期間を長く設定する。

参考
6 REDOログの管理
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/doc_cd/server.102/B19224-02/onlineredo.htm
7 アーカイブREDOログの管理
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/doc_cd/server.102/B19224-02/archredo.htm
ORACLE MASTER Silver DBAポイント解説:第3回 制御ファイルとREDOログ・ファイルの管理
http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/omsdb03/omsdb01.html

  
スポンサーサイト
  1. 2010/03/07(日) 09:13:07|
  2. oracle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Oracleのキャッシュ構成 | ホーム | Oracleの書き込み処理による待機イベント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/34-1aa89402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。