topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DHCP環境でIP変わったらWordpressにアクセスできなくなった

 
●問題
Wordpressの環境構築後にサーバのOS再起動したら、
OS再起動に伴い、DHCPの都合でサーバのIPアドレスが変わったが、
変更後のIPでブラウザからWordpressにアクセスできなくなった。
 
●原因
旧アドレスが
http://192.168.160.112/wordpress/
新アドレスが
http://192.168.160.113/wordpress/
とすると、
メインの画面は新アドレス192.168.160.113でアクセスできるが、
それ以外のcssやら画像やら他ページへのリンクやら、
あらゆるコンテンツが旧アドレス192.168.160.112のままになっていたため。
これらのコンテンツも実際のIPは192.168.160.113なので、当然アクセスできない。
Wordpressは相対パスで情報持ってくれないらしい。困った。
 
●対策1
調べてみると、Wordpressの結構あるあるなトラブルなようで、
下記「参考」サイトにある
「アドレス変更したらWordPressが壊れた」がわかりやすかった。
 
MySQLにログインして、下記の2行の値を、新IPで更新すれば良いとのこと。
まだ、コンテンツを作っていない場合は、これで済む模様。
 
・ログイン
[root@localhost]# mysql -u root -p
 
・状態確認
MariaDB [wordpress]>  select * from wp_options where option_name = 'siteurl';
+-----------+-------------+----------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value                     | autoload |
+-----------+-------------+----------------------------------+----------+
|         1 | siteurl     | http://192.168.160.112/wordpress     | yes    |
+-----------+-------------+----------------------------------+----------+
MariaDB [wordpress]>  select * from wp_options where option_name = 'home';
+-----------+-------------+----------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value                     | autoload |
+-----------+-------------+----------------------------------+----------+
|         2 | home        | http://192.168.160.112/wordpress     | yes  |
+-----------+-------------+----------------------------------+----------+
 
・更新
MariaDB [wordpress]> update wp_options set option_value = 'http://192.168.160.113/wordpress' where option_name = 'siteurl';
MariaDB [wordpress]> update wp_options set option_value = 'http://192.168.160.113/wordpress' where option_name = 'home';
 
●対策2
ついでに、IPアドレスも固定化しとく。
 
・IPアドレス確認
[root@localhost]# ifconfig -a
eno16777728: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
inet 192.168.160.113  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.160.255
・ゲートウェイIP確認
[root@localhost]# route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
0.0.0.0         192.168.160.2   0.0.0.0         UG    100    0        0 eno16777728
192.168.122.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 virbr0
192.168.160.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     100    0        0 eno16777728
・NIC設定ファイル修正
[root@localhost]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno16777728
(修正前)
BOOTPROTO="dhcp"
(修正後)
BOOTPROTO="static"
IPADDR="192.168.160.113" #←追加
NETMASK="255.255.255.0" #←追加
GATEWAY="192.168.160.2" #←追加
・NIC再起動
[root@localhost]# /etc/sysconfig/network-scripts/ifdown ifcfg-eno16777728
[root@localhost]# /etc/sysconfig/network-scripts/ifup ifcfg-eno16777728
 
なお、DNSサーバは自動でゲートウェイのIPになっていた。
[root@localhost]# cat /etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
search localdomain
nameserver 192.168.160.2
 
Wordpress、amazonのEC2とかで運用するときは、ホスト名変更に注意した方がいいね。
 
 
●参考
アドレス変更したらWordPressが壊れた
https://www.agilegroup.co.jp/technote/wordpress-site-change.html
【CentOS6】インストール後のNICの有効化
http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-66.html
VMWareWorkstationの仮想ネットワークアダプタ
http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-15.html
スポンサーサイト
  1. 2016/09/05(月) 01:49:26|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AWS EC2インスタンス上のRHEL7.2にWordpress4.6をインストール | ホーム | CentOS7.2にWordPress4.6をインストール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/117-3922d4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。