topimg.jpg


IE11であらゆるWebサイトの表示が崩れる

結論から言うと、IEの互換性表示の問題であったわけだが、
その理由が意味不明。

●経緯
たま~にIEを使っていたが、ある日に起動したところ、
今まで正常表示されていたあらゆるWebサイトの表示がおかしい。
「ついにシェア落とし始めたIEを各Webサイトが見捨て始めたのか」
と思ったが、F12ツールのエミュレーションタブで確認すると、
どうやら表示がIE7(既定)の互換性表示で動作している模様。
そこで、
ツール>互換表示設定
で設定確認した。しかし、特に互換表示サイトの登録はされていない。
さらに意味不明なのが、MSN.comとGoogleはIE11(既定)で表示されるが、
YahooやAmazonを初めとした大多数のWebサイトはIE7(既定)互換で表示されている。

●対処
互換表示設定の下にあるチェックボックス「イントラネットサイトを互換表示で表示する」
のチェックを外して無効にしたところ、全てのサイトがIE11(既定)で表示されるようになった。
IEが何を基準にイントラネットと判断しているかは不明だが、
この設定はWebで色々と調べてみると、火種を生んでいるようだ。
だが、デフォルト設定はこの設定が有効であり、今までIE11表示だったにも関わらず、
突然IE7互換で動作するようになったのはおかしい。
同じマシンのVMware上のWindows10からは、
「イントラネットサイトを互換表示で表示する」がオンでも各WebサイトがIE11で動作し、正常に表示される。
なので、どうやら自分が使っているWindows10環境固有の問題の模様。

●原因
そこで、心当たりがないか、このマシンで過去にあったことを思い出してみた。
10秒程で、思い当たる節を見つけた。
「下記の記事の④のイベントで巻き添え食らった可能性大ですわ。。。時期的にもぴったり。」

Windows10が不安定過ぎてヤバい
http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-112.html
  ④OSシャットダウン実行時にハング。強制終了後再起動すると、Cドライブのファイルが半壊。

スポンサーサイト
  1. 2016/09/01(木) 04:39:36|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RHEL6から7の変更点 | ホーム | Windows10が不安定過ぎてヤバい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://192168111.blog71.fc2.com/tb.php/113-c9ca4186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)