topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Oracleライセンス方法の見積もり

2015年3月追記

Oracleライセンス方法の見積もり

なんか、最近Oracleの仮想化環境上での考え方が変わったみたい。
なので、下記の情報は、考え方が古い可能性があるので
ちゃんとOracleの代理店とかに聞いたほうが良い。


複雑でお高いOracle DBMSライセンスの見積もりをすることになったので、その覚書。

【ケーススタディ1】
●条件
 ・物理サーバA:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・物理サーバB:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・稼動インスタンス数:2 ※いずれも現用系で同時に稼動する
 ・仮想化:なし
 ・使用ユーザ数:1000人
 ・クラスタ:他社PPを利用したHAクラスタ構成
       現用系を物理サーバA、待機系を物理サーバBとして利用。
       待機系では年間10日以下の稼動時間とする。
       
●必要ライセンス価格
 ・前提
  ⇒コンピュータ数
    年間10日以下しか物理サーバBではインスタンスが稼動しないため、待機系のライセンスは発生しない。
  ⇒最大搭載可能CPU数
    4ソケットのためSEの条件を満たしている。SE Oneは2ソケットなのでNG。
  ⇒インスタンス
    2インスタンス稼動しているが、いずれも同一サーバ内のみでの稼動のため、ライセンスには影響なし。
    
(Oracle EEの場合)  
 ・Processorライセンスの場合
  ⇒価格
   1プロセッサあたりライセンス単価 × コア係数 × コア数合計
    =¥ 5,163,000 × 0.5 × (3×4)
    =¥30,978,000
 ・Named User Plusライセンスの場合
  ⇒価格
   1ユーザあたりのライセンス単価 × ユーザ数合計
    =¥ 103,300 × 1000
    =¥103,300,000
  ⇒最少ユーザ数
   25NUP/コア×12コア×コア係数0.5
    =150NUP < 1000人
(Oracle SEの場合)
 ・Processorライセンスの場合
  ⇒価格
   1プロセッサあたりライセンス単価 × CPU数 
    =¥1,902,200 × 3
    =¥5,706,600
 ・Named User Plusライセンスの場合
  ⇒価格
   1ユーザあたりのライセンス単価 × ユーザ数合計
    =¥ 38,000 × 1000
    =¥38,000,000
  ⇒最少ユーザ数
   5NPU/コンピュータ×1コンピュータ
    =5NPU < 1000人

    
  
【ケーススタディ2】
●条件
 ・物理サーバA:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・物理サーバB:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・論理サーバa:2CPU×2コア/CPU
 ・論理サーバb:2CPU×2コア/CPU
 ・仮想化:VMWare ESXで物理サーバA、物理サーバB上で論理サーバを稼動させている。
      論理サーバaは物理サーバAのみで稼動、論理サーバbは物理サーバBのみで稼動。
 ・クラスタ:他社PPを利用したHAクラスタ構成
       現用系を論理サーバA、待機系を論理サーバBとして利用。
       待機系では年間10日以下の稼動時間とする。

●必要ライセンス価格
 ・ライセンス課金対象CPUの考え方
   Oracle VM、VMware、Hyper-VなどはSoft Partitioningの分類となっていて、
   Oracle製品が稼働する物理サーバーの全プロセッサで課金される。
   そのため、基本的に、必要ライセンス価格は【ケーススタディ1】と同様になると思われる。
  


【ケーススタディ3】
●条件
 ・物理サーバA:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・物理サーバB:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・論理サーバa:2CPU×2コア/CPU
 ・仮想化:VMWare ESXで物理サーバA、物理サーバB上で論理サーバを稼動させている。
      論理サーバaは物理サーバA、Bのいずれかで稼動。
      VMWare vSphereのDRS機能を利用し、自動的にVMotionが発生する。
      論理サーバaは物理サーバA,Bを状況に応じて行ったり来たりする。
 ・クラスタ:なし
       
●必要ライセンス価格      
 ・ライセンス課金対象コンピュータの考え方
   物理サーバA,Bの2台分のライセンスが発生すると思われる。
   そのため、価格は【ケーススタディ1】の2倍。
   
   
   
   
   
【ケーススタディ4】
●条件
 ・物理サーバA:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・物理サーバB:Xeon 4ソケット・3CPU×4コア/CPU
 ・論理サーバa:2CPU×2コア/CPU
 ・仮想化:VMWare ESXで物理サーバA、物理サーバB上で論理サーバを稼動させている。
      論理サーバaは基本的には物理サーバAで稼動。障害時に物理サーバBで稼動する。
      VMWare vSphereのDRS機能は制限をかけており、自動的にVMotionが発生することはない。
 ・クラスタ:VMware HA機能を利用し、障害時に論理サーバaを物理サーバBで稼動させる。(コールドスタンバイ構成)
       物理サーバBでは年間10日以下の稼動時間とする。(すぐにAへ戻す)
       
●必要ライセンス価格      
 ・ライセンス課金対象コンピュータの考え方
   物理サーバA,Bの2台分のライセンスが発生すると思われる。
   そのため、価格は【ケーススタディ1】の2倍。
   根拠は以下の「引用」。この構成ではOracleが定めるフェイルオーバー構成に該当しないから
   「HA構成で10日以下は課金されないルール」が適用されないように見える。
   
  (引用)Oracle公式 製品価格/ライセンス情報 Q7
    Q.7 複数の物理サーバーによるサーバー仮想化環境を構築した場合のライセンスカウントは
       どのようになりますか?
    A Oracle VM、VMware、Hyper-VなどはSoft Partitioningの分類となり、Oracle製品が稼働する
      物理サーバーの全プロセッサがライセンスカウントの対象となります。物理サーバー間で
      仮想マシンが移動する可能性がある場合には、Oracle製品の
     移動元/移動先の両方にライセンスが必要となります。なお、障害発生時にプログラムが稼働する
     仮想マシンを切り替える構成は、「データリカバリーポリシー」における「フェイルオーバー」
     の構成には該当しません。

   しかし、以下のような全く違う意見を言っているサイトもあり、ネットでは1台分でOKという
   意見もちらほらある。
     ORACLE SEライセンスの考え方はこれであってますか?
     http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12113716252





こんな感じ。ちなみに、Oracleの営業に確認したわけじゃないから、間違っているかもしれん。
その点はご了承願いたい。


●参考
意外と知らない!?オラクル・ライセンス見積ABC
http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/database/db-new/120126-oraclelicensedb-1503671-ja.pdf
VMware 仮想環境における Oracle データベースライセンス
http://blogs.flexerasoftware.com/elo-japan/2012/09/oracle-database-licensing-in-a-vmware-virtual-environment-part-1-of-3.html
Oracle公式 製品価格/ライセンス情報 FAQ Q6~9あたり
http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/faq/faq-06-187876-ja.html#Faq6-6
Oracle公式 日本国内価格表
http://www.oracle.com/jp/corporate/pricing/price/index.html





それにしても、ややこしい。まあ、これもOracle社の戦略なのだろう。
複雑な料金体系にして、よく理解できないユーザから大金を巻き上げると。
あ、これ携帯電話会社の戦略と同じですな。

スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 02:56:28|
  2. oracle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。