topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WindwosXPの容量削減

VMのWindowsXPの残り容量が少なくなってきていたので、お掃除。
やたらWindowsフォルダ内が容量でかくなっていたので、原因を調べてみたら、下記だった。
C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download

上記フォルダ、どうやらWindwosUpdateのキャッシュデータのようで、Update済であれば不要なものらしい。
なので全削除した。これでだいたい2GB近くの容量確保。削除後も特に問題はおいていない。

スポンサーサイト
  1. 2012/08/08(水) 17:17:54|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WindowsOSを再インストールした時に自分がいつもやること

●WindowsOS(ノートPC、Windows7を想定)再インストール後にやること
・ドライバのインストール
・アンチウイルスソフトのインストール
・プロダクトキー入力してライセンス認証
・電源オプションの設定(自動スタンバイ→オフ、カバー閉じたときの動作→何もしない、画面の明るさ→70%くらい)
・サービスパックのインストール
・WindowsUpdate
・パフォーマンスの設定(縮小版を表示、視覚スタイル使用以外は無効にする)
・システムの保護(Cドライブ以外は無効)
・フォルダオプション(拡張子を全て表示)
・pagefile.sysの削除=仮想メモリを0MBに設定
・hiberfil.sysの削除=ハイバネーションを無効化(コマンドプロンプト上でpowercfg.exe /hibernate off)
・VMWareWorkstationのインストール


メモリ16GBつんでいると、Cドライブの領域でpagefile.sysが8GB、hiberfil.sysが16GBも容量食ってしまう。なので、これらは即消。 続きを読む

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/08/06(月) 02:42:04|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。