topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

間に空白セルがあるときに自動で埋めてくれるマクロ

下図のようなことをしたいときに便利なマクロを作ってみた。

macro1.png


コピペしたい行を選択して、右下角をダブルクリックでも同様のことができるが、数が多いと結構大変である。同マクロを使用すれば、空白セルを直上のセル内容でコピペし、自動で埋めてくれる。なお、最後の行だけは空白のまま処理が終了してしまうので手作業が必要。その点だけは注意。


●サンプルソース(上図のような場合の対応バージョン)

Sub AutoCopyPaste()

Dim SelectionArea As Range
Dim MaxRow As Long

Do
'コピペしたい列の一番左上のセルを指定(下記例ではA1)
Range("A1").Select
'上行で指定したセルから、空白があるセルまでダウンして、そのセルを選択
'※SlectionはRangeオブジェクトを操作するプロパティ。詳細はhttp://www.big.or.jp/~seto/vbaref/vbaref2.htmを参照
Selection.End(xlDown).Select
'上行で指定したセルから、同行かつ右3セルまでを選択(下記例ではA,B,C列の3セルが選択される)
Range(Selection, Selection.Offset(0, 2)).Select
'上行で指定したセルをコピー
Selection.Copy
'上行で指定したセルから、空白があるセルの1つの上の行までを選択
Range(Selection, Selection.End(xlDown).Offset(-1, 0)).Select
'選択している範囲の最大行目の数を変数に代入
'詳細は、http://www.k1simplify.com/vba/tipsleaf/leaf240.htmlを参照
Set SelectionArea = Selection
MaxRow = SelectionArea.Cells(SelectionArea.Count).Row
'65536行目(Excel2003の上限)まで達したらLoopを止める
If MaxRow > 65535 Then Exit Do
'上行で指定したセルにペースト
ActiveSheet.Paste
Loop
End Sub


●参考
2. セル範囲の選択と把握
http://www.big.or.jp/~seto/vbaref/vbaref2.htm
選択されているセルのアドレス・行・列番号 を調べる / 順番にアクセスする
http://www.k1simplify.com/vba/tipsleaf/leaf240.html
スポンサーサイト
  1. 2011/12/26(月) 00:52:55|
  2. MSOffice
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WindowsMovieMakerが不調なときは

WindowsLiveMovieMakerを使っていると突然挙動がおかしくなることがある。

・音が再生されない
・動画が再生されない
等々

こんなときは、タスクマネージャーを開いて
MovieMaker.exe
が暴走していないかチェックしてみると良い。

WindowsLiveMovieMakerを終了しても、同プロセスが残っている場合は
プロセスの終了を行い、リソースの解放を行ってみる。
すると、突然不具合が解消されたりする。

WindowsLiveMovieMakerプロセスは、CPU・メモリリソースを馬鹿喰いするので
他アプリケーションへ影響を及ぼす危険性もある。そのため、使用後は必ずプロセス残留チェックをしよう。



  1. 2011/12/24(土) 00:16:36|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動画編集の覚書

動画編集をするには。

●動画編集ソフト
メジャーどころということで、以下の2つを試してみた。
・WindowsLive ムービーメーカー
・Adobe Premiere Elements 10(体験版)

両方触ってみた感想として、「WindowsLive ムービーメーカー」のほうが初心者にはやはり使いやすい。
理由は、
 ・ユーザーインターフェースが直感的
 ・無料
 ・操作が軽い
などなど。

Adobe Premiereは、機能豊富なのはいいが、今回はそこまで本格的に作るつもりはないので次回へ見送り。
Adobe Premiereは体験版だと、作成した動画に「体験版を利用しています」的な帯が入ってしまうし・・・。


●.MOVファイルを変換する方法
一番苦労したのがこれ。デジカメで撮った動画って、結構.MOVで保存されるものが多い気がするが、
意外と動画ソフトのほうでは対応していないものが多いようだ。
「WindowsLive ムービーメーカー」でも「Adobe Premiere Elements 10」でも取り込むことができない。

ということで、.MOVをaviやwmvに変換しようと色々なツールを試してみた。
結論として、一番使いやすく、結果がうまくいったのはこれ。
Free Video Converter
http://www.gigafree.net/media/conv/freevideoconverter.html
 ・ユーザーインターフェースが直感的
 ・様々なコーデックにこれ1つで対応
 ・出力形式を色々カスタマイズできる
等、非常に素晴らしいソフトだ。無料でこれは神(無料版は30分の制限があるらしい?が・・・)。

後は、以下のソフトも試してみた。
 ・QTConverter
 ・Super C
しかし、いずれも
 ・操作がわかりにくい
 ・Windowsムービーメーカーで取り込めない
 ・エンコード途中でよくわからんエラーがでる
等、当方の環境には相性がよくなかった。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/12/11(日) 23:47:36|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。