topimg.jpg


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【CentOS6】NICが有効化できないときの対処

自分はLinuxをVMWare上でいつも使っているが、VMWareの便利な機能としてクローン機能がある。しかし、このクローン機能で、面倒くさいトラブルにはまってしまった。

【NICが有効化できないときの対処】
●トラブル事象
一言でいうと、ネットワークがつながらない。詳細事象は以下のとおり。
①ifconfigコマンドを実行しても、ループバックアドレスしか表示されない。
②ifupコマンドでNICを有効化すると以下のエラーが発生
Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization.
②ifconfig -aコマンド を実行すると、eth0ではなく何故かeth1が表示される
※備考
ifconfig(オプションなし):起動しているNICのみの情報を表示
ifconfig -a :存在するNIC全ての情報を表示
●原因
VMWareのクローンを作成した際、NICの設定がオリジナルのままになっていたため。ネットワーク起動スクリプトやudevルールファイルに、誤ったMACアドレスが設定されていた。
●対処
①以下のネットワーク起動スクリプトを編集する(NICが複数ある場合はその分全て確認)
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
 →HWADDRの項目があれば、削除、もしくはifconfig -aで表示される正しいMACアドレスを記載する。
②以下のudevルールファイルを編集する
/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
 →記述されている設定を全て削除。削除しても、NIC有効化のタイミングでまた更新される。
③NIC再起動
※今回は①の対処は不要であった。
●確認環境
CentOS6.0 x86_64(最小構成インストール)
●参考
・25.3.3. サブチャンネルのマッピングとネットワークデバイス名
http://docs.redhat.com/docs/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Installation_Guide/ap-s390info-Adding_a_Network_Device-Mapping_Subchannels_and_network_device_names.html
・NIC の設定にMACアドレスを入れないと入れ替わってしまう
http://zephel.com/archives/linuxunix/netwrork/
※/etc/modules.confが存在するディストリビューションはこっちを参考
●関連
・Linuxでのトラブル「Device eth0 has different MAC address than expected, ignoring」
http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-9.html
※上記はkudzuがインストールされている場合に使える対処。今回の方法のほうが確実だね
●実行例
[root@localhost ~]# ifconfig ※トラブル事象①
lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)

[root@localhost ~]# ifup eth0 ※トラブル事象②
Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization.

[root@localhost ~]# ifconfig -a ※トラブル事象③
eth1 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:521 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:311 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:51436 (50.2 KiB) TX bytes:28703 (28.0 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)

[root@localhost ~]# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ※対処①(今回はHWADDRの項目がないため変更なし)
DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BOOTPROTO="static"
IPADDR="192.168.111.10"
NETMASK="255.255.255.0"
GATEWAY="192.168.111.2"

[root@localhost ~]# cat /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ※udevのルール確認。
# This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
# program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
#
# You can modify it, as long as you keep each rule on a single
# line, and change only the value of the NAME= key.
# PCI device 0x8086:0x100f (e1000) (custom name provided by external tool)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:65:d7:03", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"
# PCI device 0x8086:0x100f (e1000) (custom name provided by external tool)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:65:d7:23", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth1"
# PCI device 0x8086:0x100f (e1000) (custom name provided by external tool)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:65:d7:23", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

※上記を見ると、1つのNICに対して何故か3つの設定が記述されていた。3つのうち1番上はこのマシン上に存在しないMACアドレスのNICである。これはオリジナルのVMにあったNICの設定である)

[root@localhost ~]# vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ※対処②(上記3つのルールを全て削除する)

[root@localhost ~]# /etc/init.d/network restart ※対処③
インターフェース eth0 を終了中: [ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
インターフェース eth0 を活性化中: [ OK ]

[root@localhost ~]# ifconfig ※結果の確認。
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:521 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:311 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:51436 (50.2 KiB) TX bytes:28703 (28.0 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)

[root@localhost ~]# cat /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ※udevルールファイルの更新を確認
# This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
# program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
#
# You can modify it, as long as you keep each rule on a single
# line, and change only the value of the NAME= key.
# PCI device 0x8086:0x100f (e1000) (custom name provided by external tool)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:65:d7:23", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"
スポンサーサイト
  1. 2011/07/19(火) 04:57:50|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

【CentOS6】インストール後のIPv6Cの無効化

CentOS6.0を最小構成インストールしたら、特にIPv6の設定有無を聞かれなかったので、デフォルト通り有効になってしまった。そこで、インストール後にIPv6も無効化しておく。CentOS5以前とは設定方法がどうも異なるっぽい。

【IPv6Cの無効化】
●手順
①以下のディレクトリ配下に任意のファイルを作成する
/etc/modprobe.d/
②上記で作成したファイルに、下記のように編集する。
(編集後)
options ipv6 disable=1
③下記コマンドを実行し、ip6tablesサービスの起動スクリプトを無効化する
chkconfig ip6tables off
④OSを再起動する
●参考
IPv6の無効化
http://www.asahi-net.or.jp/~aa4t-nngk/miscenvfit.html#disableipv6
※上記サイトにあるよう、CentOS5以前?では、/etc/modprobe.confというファイルがあるので、それに必要情報を記入する。CentOS6では、/etc/modprobe.conf がデフォルトではないっぽいので、今回の手順が必要かと。
●確認環境
CentOS6.0 x86_64(最小構成インストール)
●実行例
[root@localhost ~]# ifconfig ※IPv6が有効であることを確認(inet6 addrが表示される)
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe65:d723/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:5850 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:1042 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:630983 (616.1 KiB) TX bytes:58573 (57.2 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)


[root@localhost ~]# touch /etc/modprobe.d/myconfig.conf ※実行内容①

[root@localhost ~]# ls -l /etc/modprobe.d/ 
合計 28
-rw-r--r--. 1 root root 52 7月 14 22:09 2011 anaconda.conf
-rw-r--r--. 1 root root 884 11月 12 18:10 2010 blacklist.conf
-rw-r--r--. 1 root root 382 11月 12 15:13 2010 dist-alsa.conf
-rw-r--r--. 1 root root 473 11月 12 15:13 2010 dist-oss.conf
-rw-r--r--. 1 root root 5596 11月 12 15:13 2010 dist.conf
-rw-r--r--. 1 root root 0 7月 19 11:35 2011 myconfig.conf
-rw-r--r--. 1 root root 30 10月 10 12:38 2009 openfwwf.conf

[root@localhost ~]# vi /etc/modprobe.d/myconfig.conf ※実行内容②

[root@localhost ~]# chkconfig --list ip6tables ※サービスの状態を確認
ip6tables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

[root@localhost ~]# chkconfig ip6tables off ※実行内容③

[root@localhost ~]# chkconfig --list ip6tables ※サービスの状態を確認
ip6tables 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

[root@localhost ~]# shutdown -r now ※実行内容④

(OS再起動)

[root@localhost ~]# ifconfig ※IPv6が無効であることを確認(inet6 addrが表示されない)
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:31 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:38 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:4344 (4.2 KiB) TX bytes:5473 (5.3 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)
  1. 2011/07/19(火) 02:51:33|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【CentOS6】インストール後のNICの有効化

先日公開された、CentOS6.0を早速インストールしてみたが、CentOS6.0ではNICがデフォルトで有効化されていない。そのため、以下の設定をする必要がある。

【NICの有効化】
●手順
①以下のファイルを編集する。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
(編集前)
DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="no"
(編集後)
DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes" ※yesであれば、OS起動時からNICの有効化
BOOTPROTO="static" ※staticであれば、静的IP。dhcpであればDHCP
IPADDR="192.168.111.10"
NETMASK="255.255.255.0"
GATEWAY="192.168.111.2"
●参考
CentOSでのネットワークインターフェースの設定
http://linuxserver.jp/Linux/CentOS/CentOS%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A.php
●確認環境
CentOS6.0 x86_64(最小構成インストール)
●実行例
[root@localhost ~]#cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ※編集内容の表示
DEVICE="eth0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BOOTPROTO="static"
IPADDR="192.168.111.10"
NETMASK="255.255.255.0"
GATEWAY="192.168.111.2"

[root@localhost ~]#/etc/sysconfig/network-scripts/ifdown eth0 ※NIC(eth0)の無効化

[root@localhost ~]#/etc/sysconfig/network-scripts/ifup eth0 ※NIC(eth0)の有効化

[root@localhost ~]# ifconfig ※IPアドレスの確認
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:0C:29:65:D7:23
inet addr:192.168.111.10 Bcast:192.168.111.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::20c:29ff:fe65:d723/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:3926 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:82 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:437063 (426.8 KiB) TX bytes:9601 (9.3 KiB)

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)

[root@localhost ~]# route ※デフォルトゲートウェイの確認
Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags Metric Ref Use Iface
192.168.111.0 * 255.255.255.0 U 0 0 0 eth0
link-local * 255.255.0.0 U 1002 0 0 eth0
default 192.168.111.2 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth0



追記

IPを固定する場合は、DNSの設定も必要なのを忘れていた。。。

【DNSサーバの設定】
●手順
①以下のファイルを編集
/etc/resolv.conf
(編集後)
nameserver 192.168.111.2 ※デフォルトゲートウェイと同じIP。DNSサーバのマッピングはルータ等に任せる
●参考
IPアドレスを固定する
http://www.jitaku-server.net/domain_fix_ip.html
  1. 2011/07/18(月) 18:29:49|
  2. Linux/Unix
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Windows】ワークグループ間のファイル共有ができない

●事象
同じワークグループ名のPC間で、
マイネットワーク>ネットワーク全体>Microsoft Windows Network>Worlgroup>(アクセス先PC名)
をクリックしても、以下のエラーメッセージが表示されアクセスできない。(IP直打ちアクセスでも同様)
●エラーメッセージ
ログオン失敗:アカウントは現在無効に設定されています。
●原因
アクセス元のPCのユーザアカウントにパスワードが設定されていないため
●対処
アクセス元のPCのユーザアカウントにパスワードを設定
●事象発生環境
アクセス元PC:WindowsXP SP3
アクセス先PC:Windows7 SP1,WindowsXP SP3

Windowsってユーザアカウントにパスワード付与しないと色々とトラブルよね。リモートデスクトップもアクセス先のPCにパスワード設定しなきゃログインできないし。
  1. 2011/07/14(木) 04:32:16|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PDFファイルに透明文字を入れる(OCR処理の実行)

PDFファイルに透明文字を入れる(OCR処理の実行)

スキャポンで書籍をPDF化した。スキャポンでもOCRはオプションでやってくれるのだが、一冊+100円と少々お高い。そこで、自分でOCR読取を行う方法を覚書。

OCRソフトはたくさんあるが、主要なものをざっとピックアップ。やっぱり、本家AdobeのAcrobatが一番使いやすいと感じた。Acrobatの利点としては他に、PDF圧縮機能等も挙げられる。

●Adobe:Acrobat
・ダウンロード先(体験版:評価期間30日)
 https://www.adobe.com/cfusion/tdrc/index.cfm?product=acrobat_pro&loc=jp
・手順
 ツール>テキスト認識(ダウンサンプルは下記参考サイトによると600dpiが最適)
・参考
 電子化した本に最適!Adobe Acrobat の PDF 圧縮が予想外に便利すぎて鼻血が出たwww
 http://d.hatena.ne.jp/inouetakuya/20100530/1275186244
●パナソニックソリューションテクノロジー:読取革命
・ダウンロード先(体験版:評価期間10日)
 http://panasonic.co.jp/sn/psn/pstc/products/yomikaku/demo.html
  1. 2011/07/09(土) 14:09:19|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。