topimg.jpg


IE11であらゆるWebサイトの表示が崩れる

結論から言うと、IEの互換性表示の問題であったわけだが、
その理由が意味不明。

●経緯
たま~にIEを使っていたが、ある日に起動したところ、
今まで正常表示されていたあらゆるWebサイトの表示がおかしい。
「ついにシェア落とし始めたIEを各Webサイトが見捨て始めたのか」
と思ったが、F12ツールのエミュレーションタブで確認すると、
どうやら表示がIE7(既定)の互換性表示で動作している模様。
そこで、
ツール>互換表示設定
で設定確認した。しかし、特に互換表示サイトの登録はされていない。
さらに意味不明なのが、MSN.comとGoogleはIE11(既定)で表示されるが、
YahooやAmazonを初めとした大多数のWebサイトはIE7(既定)互換で表示されている。

●対処
互換表示設定の下にあるチェックボックス「イントラネットサイトを互換表示で表示する」
のチェックを外して無効にしたところ、全てのサイトがIE11(既定)で表示されるようになった。
IEが何を基準にイントラネットと判断しているかは不明だが、
この設定はWebで色々と調べてみると、火種を生んでいるようだ。
だが、デフォルト設定はこの設定が有効であり、今までIE11表示だったにも関わらず、
突然IE7互換で動作するようになったのはおかしい。
同じマシンのVMware上のWindows10からは、
「イントラネットサイトを互換表示で表示する」がオンでも各WebサイトがIE11で動作し、正常に表示される。
なので、どうやら自分が使っているWindows10環境固有の問題の模様。

●原因
そこで、心当たりがないか、このマシンで過去にあったことを思い出してみた。
10秒程で、思い当たる節を見つけた。
「下記の記事の④のイベントで巻き添え食らった可能性大ですわ。。。時期的にもぴったり。」

Windows10が不安定過ぎてヤバい
http://192168111.blog71.fc2.com/blog-entry-112.html
  ④OSシャットダウン実行時にハング。強制終了後再起動すると、Cドライブのファイルが半壊。

スポンサーサイト
  1. 2016/09/01(木) 04:39:36|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WindowsMovieMakerが不調なときは

WindowsLiveMovieMakerを使っていると突然挙動がおかしくなることがある。

・音が再生されない
・動画が再生されない
等々

こんなときは、タスクマネージャーを開いて
MovieMaker.exe
が暴走していないかチェックしてみると良い。

WindowsLiveMovieMakerを終了しても、同プロセスが残っている場合は
プロセスの終了を行い、リソースの解放を行ってみる。
すると、突然不具合が解消されたりする。

WindowsLiveMovieMakerプロセスは、CPU・メモリリソースを馬鹿喰いするので
他アプリケーションへ影響を及ぼす危険性もある。そのため、使用後は必ずプロセス残留チェックをしよう。



  1. 2011/12/24(土) 00:16:36|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動画編集の覚書

動画編集をするには。

●動画編集ソフト
メジャーどころということで、以下の2つを試してみた。
・WindowsLive ムービーメーカー
・Adobe Premiere Elements 10(体験版)

両方触ってみた感想として、「WindowsLive ムービーメーカー」のほうが初心者にはやはり使いやすい。
理由は、
 ・ユーザーインターフェースが直感的
 ・無料
 ・操作が軽い
などなど。

Adobe Premiereは、機能豊富なのはいいが、今回はそこまで本格的に作るつもりはないので次回へ見送り。
Adobe Premiereは体験版だと、作成した動画に「体験版を利用しています」的な帯が入ってしまうし・・・。


●.MOVファイルを変換する方法
一番苦労したのがこれ。デジカメで撮った動画って、結構.MOVで保存されるものが多い気がするが、
意外と動画ソフトのほうでは対応していないものが多いようだ。
「WindowsLive ムービーメーカー」でも「Adobe Premiere Elements 10」でも取り込むことができない。

ということで、.MOVをaviやwmvに変換しようと色々なツールを試してみた。
結論として、一番使いやすく、結果がうまくいったのはこれ。
Free Video Converter
http://www.gigafree.net/media/conv/freevideoconverter.html
 ・ユーザーインターフェースが直感的
 ・様々なコーデックにこれ1つで対応
 ・出力形式を色々カスタマイズできる
等、非常に素晴らしいソフトだ。無料でこれは神(無料版は30分の制限があるらしい?が・・・)。

後は、以下のソフトも試してみた。
 ・QTConverter
 ・Super C
しかし、いずれも
 ・操作がわかりにくい
 ・Windowsムービーメーカーで取り込めない
 ・エンコード途中でよくわからんエラーがでる
等、当方の環境には相性がよくなかった。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/12/11(日) 23:47:36|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PDFファイルに透明文字を入れる(OCR処理の実行)

PDFファイルに透明文字を入れる(OCR処理の実行)

スキャポンで書籍をPDF化した。スキャポンでもOCRはオプションでやってくれるのだが、一冊+100円と少々お高い。そこで、自分でOCR読取を行う方法を覚書。

OCRソフトはたくさんあるが、主要なものをざっとピックアップ。やっぱり、本家AdobeのAcrobatが一番使いやすいと感じた。Acrobatの利点としては他に、PDF圧縮機能等も挙げられる。

●Adobe:Acrobat
・ダウンロード先(体験版:評価期間30日)
 https://www.adobe.com/cfusion/tdrc/index.cfm?product=acrobat_pro&loc=jp
・手順
 ツール>テキスト認識(ダウンサンプルは下記参考サイトによると600dpiが最適)
・参考
 電子化した本に最適!Adobe Acrobat の PDF 圧縮が予想外に便利すぎて鼻血が出たwww
 http://d.hatena.ne.jp/inouetakuya/20100530/1275186244
●パナソニックソリューションテクノロジー:読取革命
・ダウンロード先(体験版:評価期間10日)
 http://panasonic.co.jp/sn/psn/pstc/products/yomikaku/demo.html
  1. 2011/07/09(土) 14:09:19|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ImageJのマクロで数値データを文字列データに型変換するには

ImageJのマクロではまった所をひとつ紹介。

●数値データを型変換するには
といっても、ImageJのマクロにおいて、変数は型を持たない。データ形式を明確にせずとも、自動で判別してくれるらしい。

参考
・ImageJの日本語訳~Macro language~
http://www.hm6.aitai.ne.jp/~maxcat/imageJ/Macro.html

しかし、以下のようなコードを記述すると、「Numeric return value expected in line X」というエラーが発生する。


a = 1;
b = "あいうえお" + a;



上記のエラーを回避するには、以下のような実装をする必要がある。


a = 1;
a = "" + 1;
b = "あいうえお" + a;


これで型変換の代わりになるらしい。
このやり方は、以下のサイトを参考にした。

参考
・ImageJ の文法やインタプリタの挙動について
http://hasezawa.ib.k.u-tokyo.ac.jp/zp/Kbi/ImageJMacroSyntax

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/03/28(月) 01:02:35|
  2. Windowsアプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ