topimg.jpg


Windows10が不安定過ぎてヤバい

今回はただの愚痴である。

かれこれ今のノートPCで3か月ほど、Windows10を使っている。
が、WindowsMEの方がマシと思えるくらい不安定さがヤバい。

まあ、サポートされていないメーカー製ノートPCで、
自分でドライバ集めて使っているから自己責任であるのは自覚している。
だが、デバイスマネージャー上は見かけ上、正常に見えているにも関わらず、
致命的な不具合が頻発しているのは、残念である。

今まで遭遇した不具合というのは、以下の4つ。

 ①サウンドドライバが正常認識されているが、オーディオデバイスが見つからない(=音がでない)
    →最新サウンドドライバインストール後に発生。古いドライバを入れ直しても回復せず。
     OS再インストールにより解決(というのか?)。
 ②スリープモード移行後に100%復帰しない
    →①対応のため、OS再インストール直後から発生。
     Intel Dynamic Power Performance Management Processor Driverを入れ直しで解決。
 ③スリープ関連の設定を全て無効にしても、2~3分後くらい無操作が続くと勝手にスリープになる。
    →②の対応直後から発生。発生するときと、しないときがある。対応策なし。
 ④OSシャットダウン実行時にハング。強制終了後再起動すると、Cドライブのファイルが半壊。
    →OS起動は問題なく起動できたが、以下のような問題が発生していた。
      ・ChromeやVMwareの前回起動時タブが記憶されていない(前回は正常終了している)
      ・デスクトップに保存していた複数テキストファイルが半角スペースのみの文字列にトランスフォーム
      ・sakuraエディタの右クリック表示時のメニューが消えた(笑)
    →どうも終了直前に使用していたアプリケーションの関連ファイルが、
     軒並み保存に失敗した模様。失敗だけなら良いが、前の正常データをぶっ壊すというおまけ付き。
    →一応、chkdskやsfc /scannowはかけたが、「異常なし」という結果。
     まあ、Windows本体は今のところ不具合がないため、確かにあっている。
     

もう、Windows7に戻すしかないな。。。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/01(木) 04:27:41|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマンドラインでのBitLocker制御方法

Windows10が起動しなくなった。
結局、原因は「Intel Dynamic Power Performance Management Processor Driver」の
Windows7 64bit版ドライバをインストールしたことであったが、
その調査過程でBitLockerの制御をコマンドラインで行ったため、その覚書を記す。

●背景
Windows10の起動に失敗した際、Windows10は自動診断のためにBitLocerの「回復キー」を求めてくる。

自分はCドライブも暗号化していたため、どうやらこれを入力する必要があるようだ。
しかし、PC起動時にCドライブのBitLockerパスワードは入力済であるにも関わらず、
何故「回復キー」を更に求められるのかは謎である。TPMの関係だろうか?

もちろん、「回復キー」なんてもんは控えているはずもない。
BitLocker暗号化時に、強制的にファイル作成等を求められるが、
「回復キーが流出したら、せっかく設定したパスワードが突破されてしまうやん!!」
という思考のもの、即刻そのファイルを削除していたのだ。

そんなこんなで、先に進まないため、Windows10をセーフモードで起動。
(F8じゃ起動できなかったので、最初少し手間取った。。。)

コントロールパネルからBitLocerのアイコンを探したところ、見当たらない。
どうやらセーフモードでは利用できないようだ。
一応、コマンドプロンプトから、

control.exe /name Microsoft.BitLockerDriveEncryption

を実行したが、梨のつぶてであった。
そこで、Manage-bde.exeを直接CUIで制御することで、回復キーを調べることにした。

●手順
・状態確認
        C:\Users\User>Manage-bde.exe -status

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        BitLocker ドライブ暗号化で保護可能な
        ディスク ボリューム:
        ボリューム C: []
        [OS ボリューム]

            サイズ:                 37.80 GB
            BitLocker のバージョン: 2.0
            変換状態:               完全に暗号化されています
            暗号化された割合:       100.0%
            暗号化の方法:           AES 128
            保護状態:               保護はオンです
            ロック状態:             ロック解除
            識別子フィールド:       不明
            キーの保護機能:
                パスワード
                数字パスワード

・回復キーの表示
        C:\Users\User>Manage-bde.exe -protectors -get C:
       
        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        ボリューム C: []
        すべてのキーの保護機能

            パスワード:
              ID: {XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}

            数字パスワード:
              ID: {XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}
              パスワード:
                XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX(←この数値だけの列が回復キー)

            外部キー:
              ID: {XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}
              外部キー ファイル名:
                XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

・暗号化の無効化(参考情報)
        C:\Users\User>Manage-bde.exe -off C:

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        エラー: このボリュームは、自動的に他のボリュームをロック解除できる外部キーを
        格納しています。このボリュームの暗号化を解除する前に、このようなキーを
        削除する必要があります。

        必要な操作:

        1. データの消失を防ぐために、関連するデータ ボリュームの回復パスワードまたは
           回復キーが存在することを確認します。
        2. 格納されている外部キーを削除するには、
           「manage-bde -autounlock -ClearAllKeys ボリューム」と入力します。

  
  ↑どうやら、Dドライブをログイン時に自動暗号化解除する設定にしていたため、
   それを先に無効化する必要があるらしい。
  ↓ということで、先に以下のコマンドを実行


        C:\Users\User>manage-bde -autounlock -ClearAllKeys C:

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        ボリューム C: から、すべての自動ロック解除キーが削除されました。

        C:\Users\User>Manage-bde.exe -off C:
        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        暗号化の解除は現在実行中です。


  ↑無事、暗号化解除が実行できた。
   ちなみに、進捗状況はステータスコマンドで確認できる。
  ↓暗号化された割合が0%になれば、解除完了。


        C:\Users\User>Manage-bde.exe -status

        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        BitLocker ドライブ暗号化で保護可能な
        ディスク ボリューム:
        ボリューム C: []
        [OS ボリューム]

            サイズ:                 37.80 GB
            BitLocker のバージョン: 2.0
            変換状態:               暗号化の解除を実行中です
            暗号化された割合:       20.2%
            暗号化の方法:           AES 128
            保護状態:               保護はオフです
            ロック状態:             ロック解除
            識別子フィールド:       不明
            キーの保護機能:
                パスワード
                数字パスワード

・Manage-bde.exeのヘルプ表示方法(参考情報)
  ↓オプションの後に-hをつければ、そのオプションの詳細使用方法が表示される。

        C:\Users\User>Manage-bde.exe -unlock -h
        BitLocker ドライブ暗号化: 構成ツール Version 10.0.10011
        Copyright (C) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        manage-bde -unlock ボリューム
                            {[{-RecoveryPassword| -rp} 数字パスワード] |
                            [{-RecoveryKey|-rk} 外部キー ファイルへのパス]}
                            [{-Certificate|-cert} {-cf 証明書ファイルへのパス|
                                                   -ct 証明書の拇印} {-pin}]
                            [{-Password|-pw}]
                            [{-ADAccountOrGroup|-sid} [{SID|ドメイン\ユーザー|
                                                        ドメイン\グループ}]
                            [{-ComputerName|-cn} コンピューター名]
                            [{-?|/?}] [{-Help|-h}]

        説明:
            回復パスワード、回復キー、証明書、またはパスワードによって、BitLocker で
            暗号化されたデータにアクセスできるようにします。

        パラメーター一覧:
            ボリューム  必須。ドライブ文字に続けてコロン、ボリューム GUID パス、または
                        マウントされたボリュームを指定します。例: "C:"、
                        \\?\Volume{26a21bda-a627-11d7-9931-806e6f6e6963}\、または
                        "C:\MountVolume"
            -RecoveryPassword または -rp
                        ボリュームのロックを解除する回復パスワードを指定します。暗号化
                        されたボリューム用に、あらかじめ数字パスワード保護機能を作成
                        している必要があります。
            -RecoveryKey または -rk
                        ボリュームのロックを解除する外部キー ファイルを指定します。
                        -RecoveryPassword が指定されていない場合に必要です。暗号化され
                        たボリューム用に、あらかじめ外部キー保護機能を作成している必要
                        があります。
            -Certificate または -cert
                        ユーザーの証明書ストアに対し、ボリュームの暗号化に使用された
                        拇印と同じ拇印を持つ証明書があるかどうかを照会します。証明書が
                        見つかった場合は、秘密キーが取得され、このキーを使用して
                        ボリュームのロックが解除されます。証明書ファイルまたは証明書の
                        拇印を指定します。証明書 (スマート カードなど) へのアクセスに
                        PIN が必要な場合は、"-pin" パラメーターを指定すると、PIN の入力
                        を求められます。
            -Password または -pw
                        ボリュームのロックを解除するパスワードを指定します。
            -ADAccountOrGroup または -sid
                        SID ベースの ID 保護機能を使用してボリュームのロックを
                        解除します。アカウント名または SID を指定した場合は、SID が
                        一致する保護機能を使用してロックを解除します。それ以外の場合
                        は、すべての SID ベースの ID 保護機能でロックを解除します。
            -ComputerName または -cn
                        別のコンピューター上で実行します。例: "ComputerX"、"127.0.0.1"
                        -Certificate と組み合わせて使用することはできません。
            -? または /?
                        簡単なヘルプを表示します。例: "-ParameterSet -?"
            -Help または -h
                        完全なヘルプを表示します。例: "-ParameterSet -h"

        例:
            manage-bde -unlock -?
            manage-bde -unlock e: -RecoveryPassword ...
            manage-bde -unlock e: -RecoveryKey "f:\File Folder\Filename"
            manage-bde -unlock e: -Certificate -cf "C:\File Folder\Filename.cer"
            manage-bde -unlock e: -pw
            manage-bde -unlock e: -sid S-1-5-21-...-513



以上。

結局、回復キー入力後も、Windows10を復旧できず、
セーフモード時にIntel Dynamic Power Performance Management Processor Driverを
「プログラムと機能」からアンインストールしたら直りましたとさ。
システムの復元を無効にしていた自分を初めて責めた。

  1. 2016/07/17(日) 05:25:55|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

windows10のインストール作業後備忘録

インストール直後のCドライブディスク使用量は10GB程度。
インストール直後の作業を以下に備忘録として記載。

【いつもの】
・スワップファイルサイズの調整(0MBもしくは2GB程度)
・アニメーション等の停止
・ライセンス認証
・Windows Updateの実施
・拡張子の全表示
・システムの保護無効化(Widnows10では最初から無効になってた)
・IPv6の無効化
・ユーザアカウント制御の無効化
・電源オプションで自動スリープの無効化
  ⇒スリープだけではなく、[詳細な電源設定の変更]で「次の時間が経過後休止状態にする」も無効化しておく
  ⇒管理者権限でコマンドプロント実行し、 powercfg.exe /hibernate off を実行。hiberfil.sysを削除しておく。
・自動起動サービスの停止
  ⇒Windows検索に「services.msc」を入力
  ⇒自動起動を停止したいサービスがあれば操作する(特になかった・・・)

【Windows10独自】
・機能追加の無効化
  ⇒①[設定] - [Windows Update]
   ②[アップグレードを延期する]のチェックをオン(Pro以上の場合のみ選択可)
・Edgeの既定検索プロバイダをgoogleにする
  ⇒1回でもgoogleにアクセスしないと、プロバイダの候補にあがらないので注意
・情報送信系機能(MS純正スパイウェア)を軒並み無効化する
  ⇒[設定]-[プライバシー]の各項目を軒並みオフにする
・Windows Updateの自動更新無効化(通知のみにする)
  ⇒①Windows検索に「gpedit.msc」を入力し、グループポリシーエディタを起動する(Pro以上の場合のみ実施可能)
   ②[コンピューターの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[Windows update]-[自動更新を構成する]
   ③「有効」を選択し、オプションの「2 - ダウンロードとインストールを通知」を選択  
  ⇒Windows10ではコントロールパネルから自動更新設定を制御できないので注意
     (参考)Windows 10 の Windows Update の自動更新設定
       http://blogs.technet.com/b/jpwsus/archive/2015/07/31/windows-10-windows-update.aspx  
・Windows Updateの自動再起動無効化
  ⇒①Windows検索に「gpedit.msc」を入力し、グループポリシーエディタを起動する(Pro以上の場合のみ実施可能)
   ②[コンピューターの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[Windows update]-[スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する]
   ③「無効」を選択
・OneDriveの自動起動を停止
  ⇒①タスクバーのOneDriveを右クリックで[設定]
   ②[設定]-[WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する]のチェックを外す


まだ他にも色々あるかもしれないが、とりあえず。




追記
・Windows10 Homeの場合は、グループポリシーエディタがインストールされていないため、以下の方法でWindows自動更新を無効化。
  ⇒①Windows検索に「services.msc」を入力
    ②Windows Updateのサービスを無効化
・Windows10をクリーンインストールではなく、アップデートでインストールした場合、以下の手順でC\windows.oldを削除。
  ⇒①[コントロールパネル]>[管理ツール]>[ディスク クリーンアップ]>[システムファイルのクリーンアップ]
    ②[以前のWindowsのインストール]を一覧上でチェックを入れ、OKボタン押下。








  1. 2015/09/07(月) 09:20:50|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WindwosXPの容量削減

VMのWindowsXPの残り容量が少なくなってきていたので、お掃除。
やたらWindowsフォルダ内が容量でかくなっていたので、原因を調べてみたら、下記だった。
C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download

上記フォルダ、どうやらWindwosUpdateのキャッシュデータのようで、Update済であれば不要なものらしい。
なので全削除した。これでだいたい2GB近くの容量確保。削除後も特に問題はおいていない。

  1. 2012/08/08(水) 17:17:54|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WindowsOSを再インストールした時に自分がいつもやること

●WindowsOS(ノートPC、Windows7を想定)再インストール後にやること
・ドライバのインストール
・アンチウイルスソフトのインストール
・プロダクトキー入力してライセンス認証
・電源オプションの設定(自動スタンバイ→オフ、カバー閉じたときの動作→何もしない、画面の明るさ→70%くらい)
・サービスパックのインストール
・WindowsUpdate
・パフォーマンスの設定(縮小版を表示、視覚スタイル使用以外は無効にする)
・システムの保護(Cドライブ以外は無効)
・フォルダオプション(拡張子を全て表示)
・pagefile.sysの削除=仮想メモリを0MBに設定
・hiberfil.sysの削除=ハイバネーションを無効化(コマンドプロンプト上でpowercfg.exe /hibernate off)
・VMWareWorkstationのインストール


メモリ16GBつんでいると、Cドライブの領域でpagefile.sysが8GB、hiberfil.sysが16GBも容量食ってしまう。なので、これらは即消。 続きを読む

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/08/06(月) 02:42:04|
  2. Windows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ